img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年09月28日

これでもオークションで前田智徳選手のサインを買いますか?

前田智徳選手が引退するとこうなるだろうとは予測していましたが酷いね。

夢が無い。

偽物サイン又はそれとおぼしきものが満載。

本物を知らない人は騙されるんだろうな〜。

前田選手のサインで本物は自分が目の前で貰ったものだけでそれ以外は

あんまり信用出来ませんよ。

球団が販売しているやつも新品未開封以外はいくらでも偽物が作成可能。

カープのロゴ入りボールに書けばいいんだから。

オークションでお金を使うより多分、あちこちから出てくる引退記念品を

買った方が確かだと思いますよ。

あんまり酷いのでこれは偽物だろうってやつを独断と偏見で挙げてみました。

信じるか信じないかはご勝手に、また責任は持ちません。

まずこちらの画像から

まえださいん_09_28_2013.jpg

どこが違うかって?

CARPの文字がスィートスポットに書かれていない点と背番号1の書き順が違う、

そして致命的なのはサインのパーツが足りません。

CARPの字体も違いますね。

まえださいん2_09_28_2013.jpg

同じくこちらもCARPの文字がスィートスポットに書かれていない点、

字体も違い過ぎ、書き順が全く違います。

スィートスポットに書かれたCARPの文字はこちら、以下のどれも

ある規則性を持って書かれています。

DSCF8004_09_28_2013.JPGDSCF8005_09_28_2013.JPGDSCF8013_09_28_2013.JPG

お次はこれ。

あまりに丁寧に書かれているうえに横に広がっていて縦横比が全く不自然です。

まえださいん3_09_28_2013.jpg

以下も同じく字がまとまりなく崩れた比率で書かれています。

まえださいん4_09_28_2013.jpg

前田選手の筆跡はためらいが無く、一筆書きのようにしなやかで尚且つスマートな

比率で書かれています。

以下に上げるサインは私がいただいたものです。

DSCF8008_09_28_2013.JPGDSCF8010_09_28_2013.JPGDSCF8012_09_28_2013.JPGDSCF8006_09_28_2013.JPGDSCF8003_09_28_2013.JPG

縦横比を考えると縦長のサインになっていることがわかります。

次のサインはよく書けていますが要は見よう見真似で書いているのが

よくわかるモノです。

まえださん_09_28_2013.jpg

赤丸の部位が外側に膨らんでいます。

この部位は前田さんがサインを書くときは一気に上に引き上げるように

描画されるので膨らむことはまずありません。

さて最後に言語道断のサインを紹介します。

3つとも同じ出品者の物ですが何一つ似せようとしたところが無いサインです。

これが前田智徳さんの直筆だと言うなら同姓同名の方なんでしょうね、きっと。

まえださいん5_09_28_2013.jpgまえださいん6_09_28_2013.jpgまえださいん7_09_28_2013.jpg

まあ近親者か関係者でもない限り同じカードに3枚もサインしたりはしません。

同じカードを持った人が3人並べば別ですが。

最後にオークションで直筆だという証拠のためにサインを貰っている写真が掲載されていますが

サインを貰っているモノ(カード、ボール、色紙など)が出品物にあっているのか?

その辺もチェックすべきですね。

以下の画像は前田智徳さんと私ですがこの時はボールに貰っています。

img003_09_28_2013.jpg

こう言う記事を見ると如何にオークションが危険かおわかりでしょう。

サインモノは買うよりご本人に貰え、貰えなければ公式なものを買うべきだと

私は思います。
posted by 和をん at 19:34| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 前田 智徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前田選手に貰ったサイン

前田さんから3回サインを貰いました。

大野で1回、これは2007年の秋、そして2009年には由宇で

そして、日南キャンプでは2012年春の貰いました。

結構、口上を述べながらサインしてくれるので楽しかったです。

もちろん、今もこれからも宝物です。

DSCF8002_09_27_2013.JPG
posted by 和をん at 00:13| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 前田 智徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

前田智徳2000本安打の思い出

2007年9月1日、妻と息子と私の3人で広島市民球場の1塁側SS席で

対中日戦を観戦していた。

その日は偶々チケットを買っていた試合で前田智徳の2000本安打達成を

見越して買ったものではなかった。

しかし、後残り1本で迎えたこの試合も前田選手に打席が回るのは打者一巡しない

限り有りえない状況のかなでチームメイトはその状態を作り、ラストチャンスを

モノにした彼はやはり天才だと思う。

この試合を機に息子は前田ファンになり、グッズも買い揃えた。

私が持っている数少ないレプリカユニフォームはこの時買った2000本安打記念の

ものと山本浩二さんの復刻ユニフォームのみ。

そう言えば試合の帰りには着て帰ったのでした。

DSCF8001_09_27_2013.JPG
posted by 和をん at 23:30| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 前田 智徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前田智徳ファンとして

JPEG Image (788532)_09_27_2013.jpg

一介の前田智徳ファンとしてここは潔く見送ろう。

有難う、そしてお疲れ様。

またいつかグラウンドに出てきてください。

サヨナラ、孤高の天才前田智徳。

JPEG Image (720192)_09_27_2013.jpg
posted by 和をん at 23:19| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 前田 智徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただそれが嬉しくて

IMGP04459_09_27_2013.jpg

IMGP5085_09_27_2013.JPG

アツも安部ちゃんもわかってくれている。

ただそれだけが嬉しくて。

別段、見返りを求めているわけじゃないんですが、

それらしきものがあるとメチャクチャ嬉しい。

「また来た、あのオヤジが」って顔されるのが

実は一番うれしい瞬間だったりする。

自己満足、えぇそれでいんです。

おひとり様とラストワン。

これが最高の私へのプレゼントですから。
posted by 和をん at 11:28| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 會澤 翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50 60 喜んで

IMGP5079_09_27_2013.JPG

50番も60番も喜んでここ由宇に居るわけではありません。

本来ならCSの渦の中に居てもいい選手。

いや居なくてはならない選手かな?

鈴木将光選手も安部選手も巨人戦に強いイメージがあります。

鈴木将光選手は巨人の左腕エース内海キラーのように、安部選手は今季

ホームランを巨人戦で放っていますしね。

CSで出番が回ってくるといいですね。

頑張れ!50&60。
posted by 和をん at 11:13| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイッチトスの練習かな?

最近、ファインプレーが増えてきた庄司選手。

5回裏終了時の小休止時も何かどこかを動かしています。

この日は指先でボールを投げ上げて取る練習を繰り返していました。

IMGP5155_09_27_2013.JPGIMGP5156_09_27_2013.JPGIMGP5157_09_27_2013.jpgIMGP5158_09_27_2013.jpgIMGP5159_09_27_2013.JPGIMGP5160_09_27_2013.JPGIMGP5161_09_27_2013.JPGIMGP5162_09_27_2013.JPG
posted by 和をん at 11:03| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 庄司隼人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W翼

Wと言ってもバレンティンでもお好み焼きでもない。

そうそう二人って意味のWね。

で翼って言えばほら私には益若つばさでも本田翼でもない訳で。(可愛いけど…)

もち、會澤翼ですよ。

もう一人は、ほれ、中谷翼ですよ。

IMGP4922_09_27_2013.JPG

何でカープは同じ苗字や名前の選手を取りたがるかね〜。

まあそれはいいけど。

この日はサブで打撃練習をした左右の翼でした。
posted by 和をん at 10:47| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 由宇練習場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホストクラブじゃないよね

IMGP4364_09_27_2013.JPG

IMGP4380_09_27_2013.JPG

彼の名はROSARIO(ネームにそう書いてある)

由宇に居た背番号143番。

ドミニカン?

IMGP4389_09_27_2013.jpg

ドミニカカープアカデミーは今は投手だけじゃなかったっけ?

打者は獲らないって聞いていたんだが(未確認)

もしかして中国の広東レオパーズ経由なのか?

「広島 ROSARIO」のワードで検索してもホストクラブの情報しか出て来ない。

どうなっとんじゃ?

さて、実力は???

フリーバッティングとティーバッティングを見る限りでは荒削りの感は否めません。

まるで肥後守(ひごのかみ)で削った鉛筆の如し。

前に体重がかかり、昔阪神に居た三振王メジャーリーガーのリロイ・スタントンみたい。

カープだとマイク・ヤングやジミー・ハーストのイメージ。

と言いつつ密かに期待しています。

来年あたりはバレンティンの日本野球記録を塗り替えたりして、まさかね。

いや、ひょっとすると、もしかして、どうなんでしょう?

IMGP4569_09_27_2013.JPG

IMGP4908_09_27_2013.JPG
posted by 和をん at 10:37| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 由宇練習場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天優勝おめでとう!

IMGP7654_09_27_2013.JPG

野球の底力を、東北の底力を見せられた感じですね。

本当におめでとう。

昨年の岡山は倉敷マスカットスタジアムで行われた秋季キャンプに

行った時、星野さんが精力的に若手を鍛えていたのが印象的でした。

IMGP7565_09_27_2013.JPG

IMGP7625_09_27_2013.JPG  

IMGP7804_09_27_2013.JPG

IMGP7809_09_27_2013.JPG

IMGP7849_09_27_2013.JPG

個人的には銀次(下記画像向って左)、嶋選手が好きなんですが、両選手はもちろん

IMGP7865_09_27_2013.JPG

何と言っても今年はマー君に尽きますね。

絶対的エースが居るチームは強いと言うことです。

我がカープもマエケンとういう絶対的エースがいますね。

日本シリーズで楽天×広島の本州両端対決なんてどうでしょうかね。
posted by 和をん at 09:56| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球他球団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

宝を潰すな

IMGP0046_09_25_2013.JPG

解説の達川さんが、中日の浅尾を見て使うべきではない、

即刻、ファームに落として治療に専念させるべきだと言っていた。

まあ達川さんの監督時代の反省を踏まえてのことでしょうが。

でも浅尾投手については私も同感。

このままじゃ第二のジョニー黒木になってしまう。

敵ながら浅尾は中日の宝であるとともに日本球界の宝でもある。

来年一年をかけても完治するまでは無理に使わないで欲しい。

もう中日はCSをかけて戦うことはないのだから。
posted by 和をん at 21:27| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球他球団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お前らサイコーだぜぇ!

実に16年ぶりですよ、カープのAクラス入りは。

そしてCSと言う制度が出来て初のCS進出。

それにしてもよく打ったエルドレッド。

IMGP2521のコピー_09_25_2013.jpg

まるで初優勝を決めた試合のG・ホプキンスみたいだね。

ひとまず3位以上が確定、と言ってもリーグ1位は無いんだけど。

今年は投打が適当に噛み合ったのが勝因かな。

こうなったら何とか阪神を蹴落として地元CS開催を目指して欲しいな。

無理じゃないって、成せばなる。

残り全勝すればいいじゃん!
posted by 和をん at 21:01| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

1勝2敗じゃダメなんだ

優勝が決まってそこそこ余裕かましている巨人に負けちゃダメだ。

エルドレッド&キラがイマイチ。

IMGP1610_09_23_2013.JPG

IMGP1693_09_23_2013.JPG

特にエルドレッドかな〜。

キラもデビューの鮮烈さが記憶に残ってるだけに何だかな〜。

やっぱり大砲よりも足でかき回さないとね。

ここに来て小粒だけど、上本・小窪コンビが頑張ってますね。

この二人がしぶとさと厭らしさを出してくれるとカープにも

勝機があるんですが。

IMGP1861_09_23_2013.JPG

IMGP2112_09_23_2013.JPG

今日は大竹で負けましたが、4点取られたと言えども粘りましたね。


次につながるといいんですが…。

posted by 和をん at 22:31| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レジェンドたちの軌跡

女子プロ野球の選手、関係者から貰ったサインたち。

彼女たちは女子プロ野球のレジェンドたち。

お宝ザックザクって感じです。

DSCF6509_09_23_2013.JPG

DSCF6510_09_23_2013.JPG
posted by 和をん at 14:10| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子プロ野球を見に行こう

明日、大阪は花園セントラルスタジアムで2試合。

後は、神奈川で計4日、愛知で2日。

4チームで争う、ティアラカップは残すところ6日間となっています。

まずは球場に足を運んでください。

野球好きな女の子たちが肌を焦がして、ユニフォームを真っ黒にして

懸命にプレーする姿は感動を生みます。

一度見に行って興味が湧かなければ次から行かなければいいこと。

まずは何事も体験しないとね。

@青い瞳の侍ウーマン、オーストラリアから海を渡ったシェイ・リリーホワイト選手。

IMGP2809_09_23_2013.JPG

Aサウスディオーネの核弾頭、厚ヶ瀬美姫選手。

IMGP2900_09_23_2013.JPG

IMGP3024_09_23_2013.JPG

B試合前に整列する三浦伊織選手(向って右)と中村香澄選手。

IMGP2972_09_23_2013.JPG

C試合前に整列するサウスディオーネの選手達とウエストフローラの選手達

IMGP2980_09_23_2013.JPG

Dオリックスの糸井選手のようにしなやかな三浦伊織選手。

IMGP3156_09_23_2013.JPG

E女子プロ野球の二刀流にしてレジェンドとなりうる小西美加選手。

IMGP3208_09_23_2013.JPG

Fウエストフローラのサウスポー、中川実咲投手、巨人の青木高投手みたいなフォームですね。

IMGP3226_09_23_2013.JPG

Gカープの中村憲選手の実妹にしてウエストフローラの4番、中村香澄選手。

IMGP3718_09_23_2013.JPG

H勝利に沸くサウスディオーネの選手達。

IMGP3739_09_23_2013.JPG

I試合後に整列する両チームの選手達。

IMGP3778_09_23_2013.JPG

J勝利を喜ぶサウスディオーネの応援団。

IMGP3785_09_23_2013.JPG

K勝利のダンスを披露するサウスディオーネの選手達。

IMGP3856_09_23_2013.JPG

L女子プロ野球初の通算200安打を達成した、イーストアストライア川端友紀選手。
打球の速さは男子顔負けです。

IMGP3989_09_23_2013.JPG

Mノースレイアの荒井蛍選手です。

IMGP4044_09_23_2013.JPG

Nイーストアストライアの看板選手、大倉三佳選手。

IMGP4144_09_23_2013.JPG

Oノースレイアの元気印、タッキーこと滝澤彩選手。

IMGP4158_09_23_2013.JPG

Pノースレイアの美しき核弾頭、佐藤千尋選手。

IMGP4296_09_23_2013.JPG
posted by 和をん at 14:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子プロ野球の魅力

女子プロ野球の魅力は何か?

直向きさ、真面目さ、美しさ、フェアさ、潔さ。

ファンサービス。

足りないもの。

迫力、技術力、選手層、観客誘致力、ずるさかな?

日頃、由宇の選手との近さに慣れている私でも驚くことがある。

出待ちって言葉知ってますか?

そうそう、選手が出てくるのを待つやつですね。

それって普通、選手が練習やアフターケアが終わって帰る時ですよね。

女子プロ野球は、試合が終わって帰宅するファンを選手がお見送りしてくれます。

そして、選手がマイマジックを持ってサインをしてくれます。

IMGP4339のコピー_09_23_2013.jpg

IMGP4341_09_23_2013.JPG

スタッフが次のスケジュールがあるからと止めても選手が書いてくれます。

彼女たちの態度や口からは試合に来てくれたファンへの感謝の気持ちが溢れています。

プロ野球選手の中にも”感謝”の言葉を口にして色紙にまで書く選手が多数います。

でもその感謝よりも彼女たちの感謝の気持ちは純粋で深いものであると感じます。

試合と試合の間にも球場外に出てきてファンに触れ合う選手がたくさんいます。

しかも、ほとんどが女子プロ野球のトップ選手。

選手の方から歩み寄って来てくれます。

@ファンの要望に応えて写真に納まる小西美加選手、エースで4番、田中のマー君+おかわりくん見たいな選手です。

IMGP3865_09_23_2013.JPG

A自軍の試合後に玄関前に出てきてファンサービスする厚ヶ瀬選手、ジャイアンツの坂本か
メジャーリーガーイチローみたいな選手です。

IMGP3876_09_23_2013.JPG

IMGP3885_09_23_2013.JPG

ファンあっての女子プロ野球、相手有っての試合。

野球が純粋に好きな女の子たちが一生懸命に野球をする姿、そんな野球の原点が

女子プロ野球にある。

人気に胡坐をかいていてはプロ野球の未来はないと思います。

まさか、そんなことはないだろうと高を括っていると80年代には人気スポーツでありながら

90年代から衰退を始め、2008年にはプロが無くなってしまったシルム(韓国相撲)みたいに

ならない保証はどこにもない。

球界再編で危機感を覚えたプロ野球は喉元を過ぎた後は熱さなど無かったかのように

忘れてしまっている。

女子プロ野球には、これから先、人気スポーツになっても今の気持ちを忘れないでいて欲しい。

B試合後のイベントに出る人をスタンドで集めている厚ヶ瀬選手。

IMGP3886_09_23_2013.JPG

C自軍の試合後に切符切りをするサウスディオーネの選手。

IMGP3892_09_23_2013.JPG

D2試合目中に球場の清掃活動をするサウスディオーネの選手たち。

IMGP3899_09_23_2013.JPG

IMGP4246_09_23_2013.JPG

Eスタンドでファンと触れ合うサウスディオーネの選手たち。

IMGP3962_09_23_2013.JPG

IMGP4004_09_23_2013.JPG

IMGP4252_09_23_2013.JPG
posted by 和をん at 13:29| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元甲子園のアイドルの苦悩

9月も後半だと言うのに容赦なく日航が照り付けるスタンドに

彼は居た。

彼の名は太田幸司。

IMGP4113_09_23_2013.JPG

かつて甲子園を湧かし、プロ野球、近鉄バファローズのエースナンバー

18番を背負った男。

彼は今、日本女子プロ野球機構スーパーバイザーの肩書を持つ。

倉敷で行われた女子プロ野球の地方興行では観客数は増えたと言うものの

関西や各地から詰め掛けた熱心なファンを除けばスポンサーである

「わかさ生活」がツアーを組んで集めた観客以外は女子プロ野球人気の

掘り起こしには成功したとは言い難い観客の入りだった。

IMGP4255_09_23_2013.JPG

IMGP4237_09_23_2013.JPG

太田さん自身が高校生、プロ野球選手だったころは彼自身がそこに居れば

それで観客は集まった。

特に当時のパリーグ、近鉄は彼の人気に便乗したところもあっただろう。

しかし、今の女子プロ野球にはその力がまだ芽生えていない。

素晴らしい選手はいる、しかし、まだプロが発足して日が浅い女子プロ野球。

どこを突破口にするのか。

IMGP4218_09_23_2013.JPG

太田幸司スーパーバイザーの苦悩と試行錯誤は続く。

IMGP4372_09_23_2013.JPG
posted by 和をん at 12:48| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青い稲妻が…

倉敷マスカットスタジアムに青い稲妻がいました。

早速、サインを戴きました。

青い稲妻、松本匡史さんに。

IMGP4363_09_23_2013.JPG
posted by 和をん at 11:30| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由宇よりも広島よりも遠く離れて

由宇よりも広島よりも遠く離れて…。

えっ、東京ドーム?

まさか、そこまでは遠征できませんよ。

今回は倉敷マスカットスタジアムまで片道約4時間半の旅。

出発は午前5時、帰宅は午後10時半、疲れましたが充実した悲観を過ごせました。

で、何を観戦したかって?

もちろんプロ野球ですよ。

女子プロ野球。
posted by 和をん at 11:01| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

まだ見ぬSAY-YAHH-'S達へ

IMGP2207_09_17_2013.JPG

昨年ブレイクした鯉のプリンスこと堂林翔太選手。

彼に勝るとも劣らぬ可能性と実力と魅力を秘めた

鈴木誠也くんの最大の魅力は素直さ、謙虚さだと思う。

その根底には彼の持つ優しさがあると思う。

優しさは時として勝負の世界では邪魔になると言われるが、

フィリップマーロゥの使い古された言葉を借用すれば、

「男はタフでないとやっていけない、優しくないと生きる資格が無い」

厳しさは自分に優しさは他人に。

これが19歳で出来ている辺りは彼もタダモノではない。

IMGP1978_09_17_2013.JPG

まだ見ぬ将来の誠也ファンの方々、そんな誠也くんがいつまでも彼で

有り続けるためにファンとして彼を温かく見守りましょう。

IMGP0957_09_17_2013.JPG

きっと発展途上の彼が大輪の花を咲かせる日は近いと思います。

IMGP2055_09_17_2013.JPG

クリーンアップに丸、堂林、誠也が並ぶ日がそう遠くない将来に来そうな予感がします。

また、ファームには美間、高橋の長距離砲候補や強肩強打の外野手候補、下水流選手も

出番を待っています。

これに、安部、菊池の俊足コンビが交わればビッグレッドマシンの再来も夢ではないでしょう。

まぁ敵はケガとFAでしょうか?

@試合前、始球式の子供の相手を務める誠也くん

IMGP0383_09_17_2013.JPG

Aライトとのキャッチボールの後、ボールをファンに手渡し、投げ渡しする誠也くん

IMGP2366_09_17_2013.JPGセイヤ_filtered_09_17_2013.jpg
posted by 和をん at 11:04| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 鈴木 誠也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。