img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年10月04日

前田が泣いた日

前田智徳が泣いた日は数知れないほど多いことだろう。

彼の願い事はいつも叶わない。

最後の一打席にかけるつもりが最後まで二打席を要し、

邪飛の予定がピッチャーゴロ。

甲子園には名門熊工の4番センターとして出場。

その栄光の裏でタイムリーヒットを打っても納得いかずベンチ裏で泣きじゃくり。

ドラフトでは恋い焦がれたダイエーホークスからの指名が無く一時間近くも泣いた。

巨人川合のセンターへの当たりを突っ込んで後逸し、ランニングホームランにし、

エース北別府の勝ちを消してしまった後、自身のホームランで逆転勝ちをしても

泣きじゃくってヒーローインタビューを拒否した。

アキレス腱のケガから復帰して放ったホームランを前監督の達川さんに褒められて

涙で謝罪。

2000本安打の時も、阪神戦で敵軍の恩師水谷コーチに挨拶する時も。

前田智徳は本当は泣き虫で繊細な男だったのだ。

しかし、2000本安打を打った相手投手、久本投手の投げる後ろを

自信が2000本目の安打を放ったライトを守り、しかもその時ライトを

守っていた森野選手がライトにヒットを放った。

不思議で因縁めいた最後の試合は前田らしいエピローグだったようだ。

多分、プロ野球選手、前田智徳が泣いた日は10月3日が最後になると思う。

まあ、カープが日本シリーズに出て優勝でもすれば話は別だが…。
posted by 和をん at 20:25| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 前田 智徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンカウントは聞こえない

韓国から来た大砲、申成鉉。

カープにはテストを経てドラフト4位入団。

茶目っ気があって熱血漢で真面目。

チャンスに強いイメージもあります。

入寮の日に大野練習場に並んだファンひとりひとりに

笑顔でサインをしてくれました。

CIMG1138_10_03_2013.JPG

CIMG1137_10_03_2013.JPG

CIMG1136_10_03_2013.JPG

今年は出場試合数は減りましたがオリックス戦ではフェンス直撃のサヨナラ打を

放って内田監督を唸らせたのも記憶に新しい彼が戦力外とは無念ですね。

_IGP2000_10_03_2013.JPG

_IGP2018_10_03_2013.JPG

_IGP2042_10_03_2013.JPG

_IGP2054_10_03_2013.JPG

兎に角バットを振る、その練習量は半端ではないはずです。

その証拠に年々腰回り、腕周りが太くなって来ました。

_IGP1320_10_03_2013.JPG

IMGP1866_10_03_2013.JPG

申くんと言えば2011年の由宇での秋キャンプ。

玉木コーチにマンツーマンで厳しいノックを受けていた姿。

もうボロボロなのに気力だけでボールに立ち向かう彼は

根性だけで立っているように見えました。

そんな努力もカープでは実らなかった。

IMGP6282_10_04_2013.JPG

IMGP6336_10_04_2013.JPG

IMGP6344_10_04_2013.JPG

IMGP6354_10_04_2013.JPG

しかし、あの根性があればどこに行っても何をしてもやって行ける。

トライアウトを受けるもよし、母国や台湾、中国にもプロ野球はあるんだから

まだまだ道は閉ざされていない。

テンカウントはまだ聞こえない!
posted by 和をん at 19:42| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 申 成鉉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある日の前田さん

2010〜2012の年末年始、つまり12〜1月は数回大野詣を

しておりました。

目的は二つ、オフシーズンの若鯉、新入団選手のサイン収集と

もしかしての前田智徳選手のサインゲット。

実は大野でサインを貰ったのは最初に行った2007年の秋に

一度のみ。

つまり後はすべて空振り。

素通り多数、声を聞けたのは1〜2回くらいかな?

それでも会いたい一番身近な神ですから。

2011年の1月の画像を見ていたら笑顔の前田さんの写真がありました。

既出ですがもう一度載せますね。

IMGP0018_10_04_2013.JPG

しかし、笑顔は束の間、大体は寡黙な表情でトレーニングしていました。

IMGP9998_10_04_2013.JPG
posted by 和をん at 19:16| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 前田 智徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日のスターを探して

前田智徳選手の引退試合にキラリと光った星ふたつ。

若干19歳で1番スタメンを飾った鈴木誠也と

7番レフトで初スタメン、初打席初ヒットの離れ業をやってのけた

下水流昂選手。

IMGP5627_10_04_2013.JPG

奇しくも、日南キャンプで前田選手が気にしていたルーキーです。

「ゲスイがいいらしいじゃない、ゲスイ」ってスタッフと話していました。

そのゲスイリュウ下水流選手が前田の引退試合で

初ヒットを放ったのは何か運命のようなものを感じます。

IMGP5652_10_04_2013.JPG

野村監督がソフトバンクとの練習試合を見に来ていた目の前でレフトスタンドに

豪快に放り込むホームランを打ったその運も実力の内でしょう。

IMGP7299_10_04_2013.JPG

IMGP7328_10_04_2013.JPG

CSの秘密兵器になってくれることを期待します。

posted by 和をん at 18:22| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 下水流 昂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば、赤ゴジラ

IMGP9999_10_03_2013.JPG

55番をつけて開幕から恐怖の2番打者を演じた嶋選手。

その年はそれまでの下積み生活を解き放つかのような活躍で

最後は首位打者までとって一躍カープの人気選手に。

前田智徳の2000本安打達成の日は、逆転ホームランを打ったり

兎に角ファンに愛された選手でした。

温厚な人柄でファンサービスも素敵でした。

そんな嶋選手も引退だなんて何だか寂しい気持ちでいっぱいです。

IMGP0001_10_03_2013.JPG

IMGP7466_10_03_2013.JPG
posted by 和をん at 00:39| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。