img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2009年03月24日

WBCに見る今年のカープの戦い方

日本の2連覇で幕を下ろしたWBC。

見ていて思ったのは、繋ぐ野球の大切さ。

ケースバッティングの大切さだ。

セミファイナルで破れた2チームはまるで昨年のセリーグの上位2チームの

ように映った。

米国はジャイアンツ。ベネズエラは差し詰めタイガースか。

ライトとレフトの差はあるが、米国のアダム・ダンの守備とラミレスの守備は

似たものがあるように思う。

韓国は、中日か横浜か。

となれば、我がカープが目指すは日本のスモールベースボールだ。

イチロー(マリナーズ)の役目は東出、その野球をするために生まれて来た

ようなセンスはイチローに引けをとらないはずだ。

2番の中島(西武)は、希望と期待を持って梵選手を押したい。

ならば、3番の青木(ヤクルト)は東北のイチローこと、天谷宗一郎。

本日決勝の4番は城島(マリナーズ)だったが、真の4番は横浜の大砲

男・村田、それに匹敵するのは、この男、栗原健太しかいないだろう。

5番、ガッツこと小笠原(ジャイアンツ)は、勝負強い、嶋の役目。

6番には内川(横浜)には、赤松と言いたいところだが、私は廣瀬純に期待する。

7番は城島(マリナーズ)、ここは石原しかいないでしょう。

8番岩村(レイズ)の代わりは、サード石井琢朗で。

9番片岡(西武)は、本来なら投手の打順だが、小窪哲也で。

稲葉(ファイターズ)は代打の切り札として、前田智徳か緒方孝市。

打線として戦うなら、WBCの日本が見せたように、ケースに応じて小技や

ヒットエンドラン、右打ち、盗塁を絡めた攻撃が必要でしょう。

ホームランは効果的な1本が出ればそれでいいんですよ。

要は、四球に盗塁や進塁打を絡めて、ヒット1本で1点を取れる攻撃。

それが今年カープが目指す野球ではないでしょうか?



よかったらクリックして下さい!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
ラベル:WBC
posted by 和をん at 21:29| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中日のホームがナゴヤ球場からナゴヤドームに移ったときのように、カープも戦い方を変えなければなりません。広さだけじゃなく、内野にも天然芝があるということを踏まえて…。
カープの野球も強かった時代の野球に戻るときが来たように思います。花火大会から緻密なイヤラシイ野球…中日が衣替えして成功しました。次はカープの番です。
Posted by ぶぅ at 2009年03月25日 08:11
そうですね、トップが出て盗塁して、2番が進塁打又は

バンドで3塁に進めて、3番は犠牲フライでOK。

ツーアウト2塁、又は3塁なら4番のワンヒットに期待。

この野球が出来ればAクラスは見えてきますよね。
Posted by 和をん at 2009年03月25日 09:57
そういう野球ができる選手が揃ってきましたからね。
必ず魅せてくれますよ手(パー)
早く4月3日にならないかな…。
Posted by ぶぅ at 2009年03月25日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。