img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2009年08月09日

マエケン二世

resize3830.jpg

「○○二世」と言う呼び方は最近のプロ野球ではお約束に

なっている。「○○二世」の○○にあたる選手は一流の明かしだし、二世と

呼ばれる選手も期待の星、あるいはブレイクしたと考えていいだろう。

打球の質やバッティングスタイルは違うもののかつてのカープの主砲に準えて

「江藤二世」と呼ばれた栗原健太、高校時代はその非凡な打撃センスを評して

「北陸のイチロー」と呼ばれた天谷宗一郎、その投球フォームが似ていることから

期待も大きい「黒田二世」こと今井啓介、更に言わずと知れた「前田2世」は

これまた期待の星、末永真史と言う具合だ。

まだ若く、その実績を語れるほどではないが、これからの伸び代が十分期待できる

マエケンに体の柔らかさ、腕のしなりが似ている投手がいる。

昨年のドラフトで育成枠で指名された左腕、背番号123番、松田翔太だ。

右腕と左腕の違いはあれど、鞭の様にしなる腕は弾かれたように飛び出す

切れのいい球筋を生み出す。

最初は体型と利き腕から齊藤悠葵に似た投手かと思っていたがマジマジと見ると

マエケンに近い体の使い方をしていると感じた。

最も本人には「マエケン二世」でも「齊藤悠葵二世」でもなく、誰にも似ていない

誰にも真似できないオンリーワンの「松田翔太一世」を名乗って欲しいと思う。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
posted by 和をん at 06:11| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 松田 翔太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。