img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2009年08月27日

僕の部屋のドアに書かれていたはずさ・・・。

テスト生からの出発、安定した地位を捨て、夢だけのためにプロの世界に

飛び込んだ広池投手、苦労の末、1軍のマウンドに立った彼は背番号68を

背負い、リリーフに谷間の先発にと大車輪の活躍で「困ったら広池」とまで呼ばれた。

大学時代は立教大学で野手としてクリーンナップを組んだその打撃でヒットに

ホームラン、果ては盗塁、ヘッドスライディングまで。

ヘッドスライディングがましてや投手がいいかどうかは置いておいて、熱い

男である。その後は左の中継ぎとして君臨し、元祖鉄人衣笠祥雄が着けていた

背番号28を見に纏い活躍した。

昨年は、1軍では10試合の登板に終わり、結果もついてこなかった。

再起をかけた今期、春先はファームでありはしたが、1軍への復帰に向けて

調整していた矢先に肘のケガで手術を余儀なくされた。

どれだけ悔しかっただろうか?カープはそれでなくても左腕の中継ぎが不足しているのだ。

彼のブログのトップページには

”早期の復帰は望めませんが、一日も早く戦列に戻るべく、懸命にリハビリに取り組んでおります。
一般の方々でも、多く方が様々なリハビリに日々取り組んでおられる事と存じます。
その方たちと共に、私も戦います。”

と書かれている。

私は野球選手は選手として立派な選手は人格も優れていると思う。

それには色々な理由があるだろう。

ファンに愛され、チームメイトに愛され、頼りにされてそんな選手は必ず

日の目を見るはずだ、そう思って止まない。そうあって欲しい。

広池選手の今シーズンのブログを見ると涙が出そうなことがある。

諦めず、怠らず、腐らず、当らず、懸命に一歩一歩を踏み出す努力の人広池浩司が

こんなにも頑張っているんだと思うと、勇気をもらえるのだ。

私も頑張ろうと言う気になる。

ブログを見て、練習中の姿を見てそれだけで広池投手をわかることは出来ないとは

思うが、そこから溢れてくる人間性、思考は真実だと思う。

頑張れ広池!そして頑張っている広池投手が1軍のマウンドに1日でも早く

帰ってくることを祈ります!


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
ラベル:広池浩司
posted by 和をん at 06:28| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 広池 浩司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。