img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2011年04月27日

あやまらないでBAD BOY!

resize6358.jpg

永川さん、いいです、土下座なんて

私たちファンは、あなたの雄姿を復活を見たいのです。

輝きを取り戻すために頑張っていただければいいです。

焦らなくても。

昨日の対阪神戦(ファーム)、登板前のブルペンではあなたが

投げたボールは”シューッ”と音を立てて捕手のミットに

”ズバーン”とおさまっていました。

投球練習を終え、初球のストレート、これも球筋確かなストレート。

resize6381.jpg

全盛期のあなたなら、後は安心していられたと思います。

しかし、その後に投げたボールは変化の少ないスライダー又はカット

ボール、カウントを整えるのは落差の少ない方のフォーク。

しかし、その後に相手を押える球が無い。

諸刃の剣、落差の大きいフォークは見極められ、低めに叩き付けた

ボールはショートバウンドして危うく捕手に止められる。

resize6379.jpg

極めつけはワイルドピッチ、ファウルグラウンドが広い由宇練習場では

サードランナーがいる場合は容易にランナーを招き入れることとなる。

9回裏に味方が1点返したことを考えると、永川勝浩の失った1点が重かったと

言わざるを得ない。

どうした?永川。

resize6380.jpg

昨日の試合、あなたに得るものがあっただろうか?

試合で失った記憶と力を探し出し、1軍のマウンドに再び上がることこそが

使命と考え、再生して欲しいものです。
ラベル:金子美香
posted by 和をん at 10:49| 広島 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 永川 勝浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、内転筋を傷めたわしです。
C22の生き残る道。
投げる球が無い。
ウイニングショットが無い。
まず、真っ直ぐが走らんのがいけん。
肘に骨棘があって痛うないように投げよるんじゃろ。
早う治さんかい。
ボールも変わったことじゃし、握りを変える気はないんかいの?
スプリットは今のままでえかろうけど。
スライダーをフォーシームからツーシームジャイロに。
フォークはツーシームからフォーシームに。
軌道がかなり変わって面白いと思うけど。
Posted by わし at 2011年04月27日 20:44
わしさん、コメント有難うございます。
内転筋大丈夫ですか?
そうですね、新球を味方につける道もありますね。
しかし、走るストレートがないとね。
軟投派の永川は見たくない気もします。
Posted by 和をん at 2011年04月27日 22:39
あ゛れっ!記述を間違ってしまいました。
C22じゃのうて→C20が正しい。
痛めた内転筋は昨日はどうなることかと思いましたが、今日は落ち着いて来ました。
応急処置が良かったのだと思います。
直ぐに冷やしたのと保護用にグラブ用の保形ベルトで縛ったわしです。
保形ベルトは今日も着けていたんですが大受けでした。
Posted by わし at 2011年04月29日 00:10
わしさん、コメント有難うございます。

>保形ベルトは今日も着けていたんですが大受けでした。

なるほどそう言う使い方もあるんですね。
私は逆にグラブの保形に伸縮する包帯を使ったことがあります。
中学生の頃ですが。
友達に笑われたので(しかも女の子)グラブがケガしたと言うと、その子は洒落がわかる子でカットバンを取り出してグラブに貼ってくれました。
もうかなり昔のことですが…。
Posted by 和をん at 2011年04月29日 06:58
どうもです。
和をんさんは包帯で保形してたんですか。
わしも若い頃はグラブの型付け・保形に自転車のチューブを使っていたことがあります。
手が真っ黒に汚れるのが難点でした。
それにゴム臭いし、邪魔じゃったし。
それでも今みたいに何でも物が揃っている時代じゃないし、小遣いも無いしであるものを工夫して利用するしかない次第でした。
チューブは自転車屋に捨ててあるからタダじゃったし。
今は贅沢になったもんです。
最近の子は靴下留めで縛っている子が多いですね。
C20ですが新球の開発とは云っても握りを変えるだけなら全くの新球よりも早く身につくんじゃないかと思うんですよ。
Posted by わし at 2011年04月29日 22:05
>それでも今みたいに何でも物が揃っている時代じゃないし、小遣いも無いしであるものを工夫して利用するしかない次第でした。

そうですね、グラブも先輩や近所の叔父さんから貰ったりしてました。
バットも素振り用は折れたバットにビニルテープを巻いた物でした。

C20はファームでも他の投手の投球を受けたりして研究はしているようですが、少し不器用みたいですね。
もう少し球にキレがあってコントロールが良くなれば変化球も活きるんでしょうけどね。

Posted by 和をん at 2011年04月29日 22:58
そうでしたね。
子供の頃は木のバットしか無かったですよね。
非力なのに上級生や体の大きな子の球を弾き返す為に大人用の重たいバットを短く持ってゴチンっと。
ああ懐かしい。
子供の頃に使っていた道具がボロボロでもいいから残っていればと思うわしです。
全部年下の子供達に貰われて行ったんですよね。
本当に物を大事にしていましたね。
今や当たり前の金属バットやハイテクバットには馴染めないわしです。
Posted by わし at 2011年04月30日 03:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。