img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2011年05月08日

信じていいのかな?

resize6428.jpg

松山坊ちゃんスタジアムで行われた試合はカープ先発が

今村、対するヤクルトが中澤と言うことで、試合前から

少々不安だった。

去年は私の記憶だと、中澤に好投されて負けた試合があった

ように記憶をしている。

しかも左腕だし。

しかし、結果は驚くほどにあっけなかった。

1回に栗原のタイムリーを含む、5点が転がり込んで幸先のいい

スタートになったし、1回裏をピシャリと抑えた今村。

これは期待できるバイ、(福岡帰りなもんでつい出ちゃいました)そう

思った矢先の2回、鬼門の畠山に四球。

そして失点。

すかさず味方が3回表に2点を追加するも、3回裏にはまたしても畠山に

2点タイムリーを浴び、その後も四球、タイムリー、二度のワイルドピッチと

結果だけを見ると自滅の投球。

6点差が一気に1点差まで詰め寄られる。

これには野村謙二郎でなくても辛抱堪らんですわ。

岩見に代えて結果的には成功。

その後は、版で押したように勝っていても負けていても青木高、勝負どころでは

球威の落ちた上野、シュルツの凸凹コンビの投入と負の方程式のオンパレード。

キッシーを回の頭から挟むとか手はあるのにね。

まあ勝てば官軍と言うところか。

明るい話題を無理に探すと、栗原の今季初猛打賞と、ガンちゃんのやっと出ました

今季初ホームランくらいでしょうか?

今日あたりは地方球場に強い栗原の初アーチが見れるか?

こうご期待と行きましょうか?
posted by 和をん at 07:52| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
C5の捕球位置は人差し指の下だった。
写真が大きいのでよく判る。
小指側に寄れば持ち替えが早くなるけれど、
佐々木さんとこのグラブじゃ厳しいか?
それとも本人の癖じゃろうか?
ウェブ下じゃないだけええか。
一発が出ないC5。
肘の具合と去年の死球の後遺症で右手の押し込みが効いてない様に診えまする。
右中間方向に二塁打を量産しているので捉えることは出来ている感じ。
これからどんどん暑くなって来るので痛みの和らぐ夏場に期待かなっと、思うわしです。
Posted by わし at 2011年05月08日 10:03
わしさん、コメント有難うございます。

>C5の捕球位置は人差し指の下だった。
写真が大きいのでよく判る。

見るところが違いますね〜、言われるまで気にもしませんでした。

>一発が出ないC5。

それが心配ですね。
統一球の問題だけではないのはわかりますが、それにしても何とかならないかと。
右中間方向の豪快な一打を早く見たいものです。




Posted by 和をん at 2011年05月08日 13:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。