img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年05月15日

水本さんの教え

カープのファームで今年からバッテリーコーチを務める

水本コーチはやっぱり凄いわ〜。

理論に筋が通っている。

水本さんは人材として一般企業でも部課長クラスでいい仕事しそうだもの。

昨日は、敗戦後にキャッチャー二人、磯村くんと中村どんぐり君を

ブルペンに呼んで反省会。

2ランホームランを浴びた梅津投手の投球時のリード、構えと

2アウト満塁から走者一掃の3ベースを打たれた岩見投手の

投球時のリードと構える位置について聞いていました。

どこに構えたか、外すはずの球をもっと大胆に外せなかったか?

構えた位置にボールが来ないからってそれは投手のみの責任ではない。

ボール半個分コントロールがずれるならその分、構えを変えて微調整するのが

捕手の役目。

プロの投手ならコントロールしろって言うのは正しくない。

彼らは何故ファームにいるの?

それが出来ないからじゃないの?

あの場面では打たれてはいけない場面、ならばどうするのか。

打たれてはいけない場面で最大限打たれない努力をして打たれたんなら仕方がない。

でも、それが出来てたの?って感じでした。

最初は若い捕手二人は自分たちのどこが悪いのって雰囲気でしたが

水本コーチの言い含めるような会話に最後は納得していたようでした。

そして、帰宅してソフトバンクの大場の投球と細川のリードを見ました。

細川は、打たれてはいけない場面や内角がどうしても欲しい場面では

もうバッターに当たりそうなくらいに寄ったり、ミットを思いっきり

外れた位置に構えたりと工夫していました。

大場投手は1軍レベルの投手ではなく、1軍に上がれるかどうかの

ボーダーの選手なんでしょう。

ソフトバンクの細川のリードと同じ日に水本コーチに聞いた言葉が

同じだったのには少しビックリしました。
posted by 和をん at 22:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。