img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年07月11日

この投壊は最早どうしようもない

昨日は、由宇でファーム戦を見て片道約2時間半の

道のりを気持ちよくドライブして帰っていました。

ファームは劇的なサヨナラホームランで勝ち、時折、

車を止めて見てみるケータイの情報では相手に点を

取られながらもリードを保ち、期待の新外国人選手、

キラ・カアイフエの2ラン、堂林のタイムリー、

アツのタイムリー、竜平のツーベースと5回の表まではね。

福井くんどうしちゃったんでしょう?

久本さん、火に油を注いじゃったかな?

上野さんはまあ今の実力なのかな?

まあ言えるのは無駄な四球ですよ。

カープの与四球は5投手で8個、しかも5投手の内、

4投手までが出しています。

対するDeNAは5投手で4個、四球を出したのは

先発でリードを許した高崎投手だけです。

その他の投手は安打や失点はありましたが、無四球です。

そして結果はと言うと、8−17とダブルスコア。

奇しくも四球の個数を2倍したくらいの点数になっています。

今回ばかりは監督はどうしようもない結果ですね。

実は、ファームの試合もカープの失点は、四球絡みで、4四球を

与えた武内投手の自責点が5という結果でした。

ブラウン監督時代から無駄な四球は出すなと言われていたのに…。

選手の顔触れが変わろうと、監督が変わろうとコントロールが無い

投手は使えないってことですよね。

やはり、昔から言う様に投手の生命線はスピードや変化球ではなく

コントロールなんではないでしょうか?

posted by 和をん at 07:18| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島東洋カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368851978
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。