img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年07月11日

厳しくも、温かく

背番号90と言えば「あぶさん」を思い浮かべる

私です。

しかし、カープの選手、取り分けファームの内野手は

見たくない背番号でしょうね。

2011年にファームの内野守備・走塁コーチに就任した

玉木朋孝コーチの背番号ですから。

IMGP4711_07_11_2013.JPG

コーチに就任した年の由宇秋季キャンプでは申くんをマンツーマンで

指導していました。

まぁその時の由宇キャンプには内野手はガンちゃんと申くんしか居ませんでして

ガンちゃんはケガから復帰したばかりで、内野手は申くんしか居ない状態。

仕方ありませんね。

この時は申くんも、いやこの時だけじゃないかな〜玉木コーチが鬼に見えたでしょうね。

厳しい声が鳴り響くグラウンド、死に物狂いでボールを追いかける申くん。

IMGP6331_07_11_2013.JPG

IMGP6336_07_11_2013.JPG

IMGP6350_07_11_2013.JPG

これはキツイですが、選手同様、コーチもキツイはず。

憎まれ役を自ら買って出て、選手を早く一人前にしてやりたい。

この思いが強いからこそ、ノックバットを持つ手にも力が入り、

バッティンググラブも擦り切れる。

今は、この時の申くんの役目を、高卒ルーキーの鈴木誠也くんが担う。

同じ東京生まれで江戸川区出身の玉木コーチには荒川区出身の誠也くんは

可愛くてしょうがないんでしょうね。

その気持ちが厳しい指導に転化しているんだと思います。

玉木コーチ自身は、修徳高校の4番、遊撃手としてメジャーリーガーの

高橋尚成を擁して甲子園にも出場し、鳴り物入りでカープに入団したが

2000年オフには戦力外通告を受け、その後入団したオリックスでは

主に守備固めとして出場した。

期待されながら輝きを放てなかったひとり。

だからこそ、今の選手には自分の二の舞には遭わせたくないと考えて

いるんだと思います。

ひとりでも多く確実な守備の選手を1軍に送り込んで欲しいですね。
posted by 和をん at 15:10| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帽子を脱いだ玉木コーチ・・・
怖いッス( ̄▼ ̄|||)
Posted by なつこ at 2013年07月12日 14:30
玉木コーチはファンには優しいんですけどね〜。

特に女性には(多分)

人間性は素晴らしい人だと聞いています。
Posted by 和をん at 2013年07月12日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。