img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2008年04月30日

野村謙二郎以来の

DSCF1597.JPG
トップバッターの2試合連続ホームランは野村謙二郎さん以来らしいです。
非力だとかバッティングが課題だと言われた赤松選手がそれに反論するかのように結果を残していますね。
ただ時々ポカをするのは阪神時代から改善されていないように思われます。今日もアレックスのセカンドゴロの時、中途半端な走塁でタッチアウト。その後、栗原選手にレフト前ヒットが出ただけに惜しい結果だったと言える。打線のつながりが悪い今だからこそ、チャンスは確実にモノにしないとスコアボードには0が並ぶ結果となる。
阪神にいたらチャンスには恵まれなかったかもしれない。
チャンスを得た今、結果を残し、チームから信頼を得る選手にならないと一度開きかけたレギュラーへの道は再び閉ざされてしまう。
誰もがそれを望まない。
1番センター赤松を見たいのだ。
フィールドを我が物顔で駆け回る赤松を。

ラベル:赤松真人
posted by 和をん at 21:50| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。