img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2008年05月25日

不定期連載-俺達の散歩道(ストリート)Vol.7

Vol.7スタート

ポツリとその場に残された俺は考えていた。
この悪魔の正体を仲間に話すかどうかを。
話しても誰も信じてはくれまい。
秘密と言うわけではないがとりあえず黙っていることに俺の心が決めた。
それからの俺は何度か彼女のシフト(出勤日)に合わせて、カフェ&レスト”海岸通り”へ通った。
Dr.スランプアラレちゃんみたいな伊達めがねを掛け、長い髪をUPでまとめているとまぁ普通の女の子にみえる。
本当はすごく可愛いんだけど。
それをわざと隠すように。
初めて店に行った時、彼女は小声で
”よーこそぉー”と言って
”ご注文はミルクですね、かしこまりました”
と舌を出して笑った。
そして
”約束よ、おごりね”ってウインクして見せた。
俺達の溜まり場”花屋敷”への出勤が減り、あの日以来、幽霊車(俺的には可愛い悪魔だが…)の話をしなくなった俺に気づいた仲間達は、俺がどうかしちゃったと思ったらしい。
たまに、店であっても車の話はせずに馬鹿話か女の話しかしないようになった。
その頃、街で噂が出始めた。
すごい美人のハチロク乗りがいると言う噂だ。
越ヶ浜の笠山の頂上で夕暮れ時に見たとか、菊ヶ浜の駐車場で乗り込むところを見たとか、共通しているのはスレンダーで長い髪、赤黒のレビンGTVということ。
最初は誰もが彼女を走り屋とは認識していなかった。
彼氏の車の助手席から降りて来ただけだとか、彼氏の車を借りているんだろうというのが大方の見方だった。
その証拠に、かなり弄ってあると感じる車なのに走ってゆく姿は実に大人しく、制限速度を守った安全運転だった。
花屋敷にもその噂が飛び交っていた。
逆に元気の無かったみんなに活気が出てきた様子で、俺たちの中で唯一彼女がいるミツヤまでが乗り気になって
”おい探しに行こうぜ、男なんていても構やしないぜ、俺たちのドラテクで参らせてやろうぜ”なんていいだす始末。
オイオイ、この間の幽霊騒ぎでぶち抜かれたやつが言う言葉か?
そう思いながら、不味い雲行きになったなと俺は思った。
俺は火曜日の夜、田床山に一人で上ることを考えていた。
可愛い悪魔に会うために。



ラベル:クルマネタ
posted by 和をん at 09:51| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

不定期連載-俺達の散歩道(ストリート)Vol.6

Vol.6スタート

よくはわかんないが、ハチロクの運転がメチャクチャうまいって言う以外は普通の女の子らしい。
容姿について言えばかなり可愛いが…。
イカンイカン騙されては。
事情聴取を続けねば。
”結構早いけど(本当はメチャクチャ早いけど)、どっかいじってるの?”
取りあえず正攻法で聞いてみた。
”う〜ん、足回りはガチガチかもね、この間、お友達を小郡の新幹線口まで連れて行ったけど、話をしてると舌を噛みそうだって言われたわ、別に私にとってはふつうだけどね”
”どこで組んだの?”と俺
”大山さんち、奈古のガレージ大山。知ってる?”
ガレージ大山と言えば、走り屋達の間では名の知られたショップだった。
ショップと言っても髭を蓄えたマスターがバイトと二人でやっている個人経営の整備工場で普段は隣の喫茶店のマスターをやっている。
客を選ぶらしく、いかにも不良みたいなやつとか、車を大事にしないやつはお金をいくら出してもチューンしてくれないと言う話だった。
会社の先輩の兄貴が、奈古高校の実習助手をやっていて日参してやっと足回りを組んでもらったらしい。
カリーナの1800GTだったが、回る、進む、止まる、走るが自分の手足よりも自由に利くと言うコメントを先輩に話したということだ。
よくわからんが兎に角凄腕らしい。
”名前だけは…”
”私の父親が昔からの知り合いで、足回りならあそこだってね”
”子供のころから父親がよく行ってたんで、大山のおじさんが『まぁ見ちょれ、完璧な足回りにしちゃるけぇ』って喫茶店のほうは奥さんにまかせっきりで1週間かかってやってくれたわ”
”私もバイトが無い日は、喫茶店のお手伝いと言うより、おじさんの子供のエイちゃんと遊んでたかな?キャハハハ…”
”ホイールとタイヤも大山のおじさんのお勧め、ショックとバネはKONIなんだ”
ところでいくらかかってるんだ?
どう考えても軽自動車1台くらいは余分にくっついていそうだ。
20歳そこらの小娘がどうやって稼いでるんだろう?
もしかしてお金持ちのお嬢さんか?
俺は率直に聞いた
”いくらくらいかかってるの?ハチロクに?”
”う〜ん車代が200であと100くらいかな?下手したらソアラ変えちゃうね、キャハハハ…”
”お金どうしてるの?”
”えっとね〜銀行強盗したの”
”えっ嘘だろう〜”
”うそ〜。キャハハハ…”
”昼間は普通の事務員なの、あとは週4日バイトしてるの、自宅か通ってるから車には月6万つかえるわ、お化粧品や服には回らないけどね”
”あっいけない〜、今日は会社は休みなんだけどバイトに遅刻しちゃう〜、今度お店に来てよね”
ってオイオイ
”俺は酒飲まないんだ”って言うと
走りながら
”大丈夫〜ミルクでもおごるわ〜ここなのバイト先”
彼女の指先にはカフェ&レスト”海岸通り”の看板が風に揺れていた。

天下取り占い

株式会社輝点。


ラベル:クルマネタ
posted by 和をん at 11:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

不定期連載-俺達の散歩道(ストリート)Vol.5

-Vol.5スタート-

目の前にいるのは果たして天使か悪魔か。
天使の顔をした悪魔?
少なくても昨日までは幽霊だった。
足があることが確認できたので悪魔に昇格する可能性が出てきた。
でもどうやって確認しよう?
海に近い駐車場だからもしかして船乗りを騙して海に連れ込むセイレーンだろうか?
俺のいぶかしげな表情(多分そんな感じだったと思う)に少し臆しながら天使だか悪魔だかセイレーンだかわからない女の子は
俺の顔をしゃがんだ姿勢から覗き込んだ。
”ちゃお!調子はどぅ?”
な!何の調子だ?困った顔で答えずにいると。
”昨日はどぅも”
やっぱりこやつは天使の顔をした悪魔だ!
”ダヤンかぁいいよね、ハッチバックのやつ”
そう俺のデトマソのバックには山口のちまき屋で買った”ワチフィールド”の”ダヤン”ステッカーが貼ってあった。
これがあのスピードで追いながらハッキリ見えたのか。
すごい動体視力だ。
ダヤンとはギョロ眼の山猫のことだ。
デトマソターボと言うかシャレードターボのキャッチフレーズが”猫科のターボ”なのでそれに引っ掛けて貼ったものだ。
半分ジョーク、半分ハッタリで。
”私、リカ。ヨロシク”
こっちが何も話さないうちに笑顔を作ってこちらの間合いに入ってくる。
女の子って不思議な生き物だ。
いやいや騙されるところだった。
こやつは悪魔だ。それも最上級の。
でも俺は誘惑と女の子には弱かった。
と言うか強いものがないのだが。
”昨日はやられたよカンペキに、でも何で田床山を走ってたんだ?”
今日目の前の悪魔に対して初めて発した俺に悪魔はこう答えた
”先週の火曜日にね幽霊を見てみたくなっていったのね、そうしたらコーナーリングの巧いワンダーちゃんが居たんで嬉しくなって追いかけたの、そしたら何故か途中でいなくなっちゃって”
おい!お前頭は確かか?そう言ってやりたかった。
消えたんじゃなくておまえはリュージのシビックを追い抜いたの、消えたんじゃないよ全く!
悪魔は尚も続けた
”昨日はねまた会えるかなって思ったら大好きなダヤンが走ってたから追いかけたのね、そして追い抜いたら前にCR−Xがいたんだ。
でもちょっと邪魔だったから”
それであの速さで抜いた?
いや〜恐れ入った。
俺ならまだしもタツヤのCR−Xはそうそう簡単に抜けるものではない。
しかも上り坂のワインディングでハチロクで抜くなんて奇跡か魔法のどちらかだ。
俺は開いた口がふさがらずでも何を話していいか聞いていいかわからず呆然としていた。
”ね、私のハチロク見てさっき驚いたよね、何で、何で覚えてくれてたの”
”ナンバー、覚えやすかったから”一応ハチロク”?”
キャハハハハ!
急に悪魔は高くて可愛らしい声で腹を押えながら尻餅をついて笑い転げた。
”一応っていいね〜確かに一応ハチロクだけど、10を一応って、君ユーモアセンスバッチグーだわ”
今時バッチグーも無いもんだ。
じゃなんて読むのさ〜。
”決まってるじゃん!愛ラブハチロクじゃん”
って何でここだけ横浜チックに話すのさ。
意味が分からんこの悪魔は!

ラベル:クルマネタ
posted by 和をん at 20:33| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

不定期連載-俺達の散歩道(ストリート)Vol.1

00001.JPG





野球の話題ばかりでは何なので不定期でクルマネタを。
といってもあまり詳しくは無いので…。
まぁ事実に沿って微妙にデェフォルメしているのでフィクションと思っていただければありがたいです。

Vol.1スタート
−AE86カローラレビンの思い出−
彼女の名前はリカ。
でもリカと言う名前より”海岸通のシンデレラ”または”ハチロクのシンデレラ”っていうあだ名の方が有名だった。
彼女の名前は知らなくても”海岸通のシンデレラ”って言えば仲間内では”あ〜あのハチロクね”ってほとんどの奴が知っていたものだった。
ちなみに”海岸通のシンデレラ”って言うあだ名は最後に海岸通を流して夜12時になる前に家に帰っちゃうからだとか喫茶店”海岸通”で昔バイトをしてたからだとか言われていたが本当のことは誰も知らない。知っているのはハチロクを華奢な体で手足のように操ること。
そして夜12時前にはいなくなること。
そしてメチャクチャいい女ってこと。
これは彼女に出会った走り屋達の共通した認識だった。
彼女のハチロクは後期型のGTV赤クロのツートン仕様。
驚くことにパワーステアリングでは無い。
重ステと当時同じ型のGTVに乗っていた連れがこぼしていたっけ。
華奢な彼女の何処にそんなパワーがあるのかはわからないが、伽羅でカレーを食べてた奴がシンデレラに偶然出くわした時、彼女の二の腕はその華奢なボディに似合わない力瘤があったとか無かったとか。
結局、肩をすべり腰まで届く亜麻色の髪にうっとりして、下ろし立てのジーンズにカレーを食べさせてたらしい。
パンツまで黄色く染めて自分の彼女に振られそうになったとか。
兎に角いい女だった。
吸い込まれそうな黒く大きな瞳、真っ直ぐでそれでいて自己主張しない鼻筋、小さくて軟らかそうなやや薄い唇の横には笑うと可愛さを増す最強アイテムの笑窪が二つ。
身長は160cmをやや切るくらい、リーバイスのジーンズにコンバースの白いバスケットシューズ、Tシャツは白かマリーンブルー。
冬はそれに革ジャンを羽織るだけ。
まるで映画かドラマみたい
でも現実だから仕方ない。
差し詰め今なら車を変えればそのままオーバーレブの実写版に出れそうな感じ。
彼女が走り屋たちの噂になるのは仕方の無いことだった。



ラベル:クルマネタ
posted by 和をん at 13:54| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。