img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年09月12日

後ろ姿が悲しい…

S0136112_09_12_2013.JPG

この二人がファームで見れると得した気分にはなるが、

何か物悲しいな。

秋風が吹く季節に、チームはクライマックスシリーズ進出をかけて

戦っていると言うのに。

主力の二人が由宇に居るようじゃ悲しいですよね。

荒木選手は名門熊工出身で、あの前田智徳の後輩なんです。

栗原ともども頑張って欲しいものですね。
posted by 和をん at 18:44| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

この対談が由宇で行われたことが悲しい

IMGP7569_06_30_2013.JPG

前述の佐藤寿人の由宇練習場訪問は本来なら

マツダスタジアムであったはずである。

いやマツダスタジアムで無ければいけなかったのだ。

由宇で栗原が燻っていていいはずがない。

彼にとってもカープにとってもファンにとっても。

春に出された宿題を終える前に季節はもう夏になった。

長い夏休みを由宇で過ごすのは栗原にとっても本望ではないはず。

そろそろ夏のエンジン全開で由宇から広島へ

ツーリングしませんか?
posted by 和をん at 19:22| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗原よ…何処へ…

IMGP7807_06_30_2013.JPG

カープの主砲、コングは何処へ行こうとしているのか?

最早、彼の打撃は不振ではない。

どこかが狂っている。

もしかしたら全てかも知れない。

6/28の阪神戦は代打で出場するも、ボール球を振った挙句、

敢え無く見逃しの三振だった。


IMGP7828_06_30_2013.JPG

IMGP7847_06_30_2013.JPG

新外国人選手キラがファームで調整のためスタメンを

譲ることが増えた栗原選手は試合中もサブグラウンドの

ゲージの中でマシン打撃に精を出す。

IMGP6654_06_30_2013.JPG

IMGP6666_06_30_2013.JPG

しかし、そのマシンが繰り出すボールにさえ以前のようには

対応できない。

ボールが前に飛ばない、詰ってファウルになる。

練習すればするほど悪癖が身に付く感じ。

一緒に練習しているシャケが栗原選手の後ろでその打撃を見ている。

数年前は手本として見ていた打撃フォームをこの日はどこに問題があるのか

チェックしている様子。

IMGP6686_06_30_2013.JPG

IMGP6711_06_30_2013.JPG

暗中模索の中、未だ光は見えない。

この先、何処へ行くのか栗原健太。

シーズンも半ばを過ぎようとしている。
posted by 和をん at 15:23| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

裸の王様ではあるまいに

昨日は栗原選手の全打席を見ました。

音無しです。

と言っても響子(めぞん一刻)でも美紀子(女優)でも

ありませんが…。

冗談はさて置き、冗談にもならない結果でして。

内容と言うよりも状態が悪すぎるんです。

以下に画像を添付しますが全てにおいて右肩下がり

IMGP5268_06_19_2013.JPG

IMGP4889_06_19_2013.JPG

IMGP5274_06_19_2013.JPG

IMGP5294_06_19_2013.JPG

まるでリーマンショック後の日本経済みたいです。

誰か栗原選手にアベノミクスの魔法をかけてはくれまいか?

コーチ陣にもモニカさんがいるし、監督は打撃コーチで鳴らした

内田順三さんですよ。

裸の王様でもない限り教えを受ければ何らかの効果は出るでしょうに。

以前は出来ていた打席で待って緩い変化球に対応することが

まるで出来ていなくて抜かれるとほとんどの確率で空振りです。

IMGP5655_06_19_2013.JPG

どこに行った、我らが栗原健太!

復活を待つ!

IMGP5277_06_19_2013.JPG
posted by 和をん at 09:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

這い上がれコング!

君は任せられる後輩たちが居るからと去年、手術に踏み切り

シーズンをほぼ棒に振った。

そして、昨シーズンの分も取り戻そうと春先から精力的に動いた。

傷も癒え、万全で向えたはずの2013年のシーズン。

栗原健太よ君は今どこに居る。

IMGP2346_06_15_2013.JPG

1軍のスタメンはおろか、1軍枠にさえいない。

由宇で、大野で、ファームのホームグラウンドで若手に混じって

汗を流す毎日。

IMGP2230_06_15_2013.JPG

その二軍でさえ思うような成績は残せていない。

心無いファンからは、限界だとかもう駄目じゃないなどの声も

聞こえる。

声が聞こえている内はまだいい。

話題にさえ上らない現状が怖いのだ。

きっとカープに栗原健太の打棒が必要な時が来る。

焦らず、腐らず、怠らず自らを励まし忘れていた感覚を

今一度取り戻してほしい。

_IGP2170_06_15_2013.JPG

_IGP2124_06_15_2013.JPG

今、君がファームに居るのはスポットライトを浴びてまた輝くため。

しかし、それはファームに居る全ての選手とて同じこと。

IMGP2473_06_15_2013.JPG

もう君に1軍に上がる優先権はない。

ただ這い上がるだけ。

黒く焼けたその肌が君の努力の象徴、そして何より私たちファンは

栗原健太がスタジアムに掛ける勝利を呼び込むアーチが見たいのだ。

蘇れ!栗原健太!私たちファンは君の復活を只管待つ!

IMGP3201_06_15_2013.JPG

IMGP3232_06_15_2013.JPG
posted by 和をん at 09:21| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

笑顔の主砲、栗原健太

8765.jpg

8794.jpg

栗原選手も大野で練習していました。

帰り際には記者たちに囲まれて談笑していました。

現時点では調子がいいのか終始笑顔でした。

8902.jpg

帰り際には私たちファンの声に応えて、車の窓を開けて

『サインしましょうか』と言ってから車からわざわざ降りて

その場に居た全員に笑顔でサインしてくれました。

昨日はその後収録があったらしく、時間が押しているんだけどと

言いながら丁寧にサインに応じてくれました。

ありがとう、栗原選手!
posted by 和をん at 19:15| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

健太の笑顔

resize6430(パステル).jpg

大野練習場で見た栗原選手。

笑顔が多かったです。

リハビリは順調なんでしょう。

以前貰った栗原選手のサインの顔文字はピースマークみたい

だったけど。

001002_421_600.jpg

001003_421_600.jpg

つい最近もらったサインのものは目が笑っていました。

001004_800_579.jpg

笑う門には福来る?今年も残すところ1月と8日あまり。

月日が経つのは早いと実感しています。
posted by 和をん at 12:19| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

栗原のFA考

resize6430(パステル).jpg

FAがなかったら…そう言ってチームを去る選手もいれば、

『金銭面を考えると、当然、他球団に行った方がいいです。

でもそれでもカープに残ったのは「ここで優勝したい」という思いです。』


そう思ってくれて決断した選手もいる。

奇しくも同じチームで4番を任されたスター選手が

別々の決断をしたのが興味深い

私個人の勝手な考えだが、

カープからFA移籍した当時の4番、金本

後を追ったか、意志を継いだかの違い

だと思う。

栗原002(パステル).jpg

栗原は自身のブログで、(以下抜粋)

新聞やニュースでは僕が移籍するんじゃないかと

ありがたいことにご心配して頂きましたが

うまく僕の考えが伝わっていなくて申し訳なかったです。

僕はただ、どれだけ真剣に球団が「カープを優勝させたい」と思ってくれているか

その思いを伝えて欲しかったのがありました。


と述べている。

栗原は自身のFA交渉を使って、球団に対等に物申すと言う

スタンスだったのではないだろうか?

これは諸刃の剣で横浜の例を借りると

選手として力が落ちてきた時にその時の敵を取られる

心配もある。

ある意味、生涯カープと考えて今回残ったとしても

干されたり、最悪出される可能性もあるのだ。

古くは松原誠、屋鋪要、高木豊、最近では石井琢朗、佐伯あたり。

彼らには横浜での指導者への道は未だ開かれていない。

昨年、内川がFA移籍し、今年、球団が刷新されようとする中で

FA移籍を匂わせる村田にしても仕方がないことかもしれない。

それは横浜だけの話?いえいえカープにもいるでしょう。

疾風のようにダイヤモンドを駆け抜けた背番号2番。

ロッテ2軍監督を務める手腕はあっても未だカープへの

入閣は認められていないあの高橋慶彦がいる。

早々と自身の中で、残留を決め争わずして国外へ脱出した

廣瀬は彼の信念に従い沈黙を守った。

栗原はまさに職を賭す思いで球団に意見を言ったのだ。

栗原ほどの選手(このいい方の意味はそれぞれあるが)でも

引退後にコーチや解説者として将来の約束があるわけではない。

逆にFA宣言して5番が空いているチームに移籍したほうが、

将来も生活も、年棒も今よりも安定するはずだ。

それでもカープに残った栗原、彼は元来寡黙で自身の胸の内を

饒舌な一部の選手とは違ってうまくは言い表せていないだろう。

そんな彼を栗原を一度でも疑った自分が今は恥ずかしい。

FAが取り沙汰された頃、大野練習場で見た栗原は悩んでいるようだった。

そしてその時貰ったサインには笑顔はなかった。

あのスマイルマークがなかったのだ。

その時はそれが栗原の想いだったのだろう。

もしかしてカープを去るかもしれない。

その思いが私の脳裏を駆け巡った。

しかし、彼はカープに残ってくれた。

そして何より、我が家の平和が保たれた。

栗原ファンの妻が満面の笑でニュースを見ていたのは

言うまでもない。

kurihara(色鉛筆).jpg
posted by 和をん at 10:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

悩める主砲

resize0650.jpg

resize0651.jpg


当然の権利だから行使するも、行使して残るも去るも

私たちファンがとやかく言う筋合いはないし。

今日(11/2)、大野練習場で見かけた栗原健太は

紛れもなく悩んでいたと見受けられた。

古沢コーチやプレス関係者と結構長く話し込んでいた。

内容についてはここに書くのは辞めておく。

きっと時が経てば全てクリアになることだから。

ただ、悩んでいたのは事実。それだけ。

チャーリーも同様だと思う。

今日は栗原もチャーリーもいつもの笑顔はなし。

FAがあるんだからドラフトでとやかく言うなよ。

ドラフトでとやかく言うのならFAなんて辞めちまえ。

選手もファンも心配でやってられないもの。
posted by 和をん at 00:52| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

栗原よ…何処へ行く…

FA制度が無ければカープはもう何度か優勝している

というのがカープファンの通説、または負け惜しみに

なって久しい。

実際に出て行った選手はその当時のカープの看板選手または

中心選手で、川口さん、新井さんに金本さんに江藤さん、

メジャーにおいては黒田さんに建さん。

東出、石原両選手の引止めには結果的には成功したが、

今年はチャーリーと主砲栗原のFAを抱える。

専らの噂では、チャーリーに阪神が、栗原には楽天が触手を

伸ばしていると聞く。

どちらもカープファンとしては実現して欲しくない話だが

栗原の楽天には個人的には危機感を覚える。

がんばろう日本、がんばろう東北と考えた時、楽天には地元に

根ざした球団経営ないし、ファンサービスが求められるわけで。

山崎選手が退団した楽天に於いて右の長距離砲は喉から手が出るほど

欲しいと思われる。

となると、山形出身の栗原健太選手が打って付けなのは誰が考えても

わかる。

しかし、栗原選手が居なくなったカープはどうだろう?

計算が出来ない外国人を獲得する以外では、右の長距離砲となると

ファームを探しても見当たらない。

可能性で言えばアツ、堂林あたりか。

しかし、彼らも来年からすぐに主砲クラスの活躍が出来るとは到底

考え難い。

栗原選手に『広島愛』なるものがあって、更には前4番が去って

重圧の中4番を背負い、広島打線の屋台骨を担ってきた自負が何とか

FA移籍を思いとどまらせてくれるのではないかと淡い期待を抱くのは

浅はかだろうか?

広島の打の柱といえば『栗原健太』と言われるまでに育ったその主砲に

是非、来年は、来年こそは歓喜の美酒を味わって欲しいものだ。

広島カープの4番として。
posted by 和をん at 09:32| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

信じていいのかな?

resize6428.jpg

松山坊ちゃんスタジアムで行われた試合はカープ先発が

今村、対するヤクルトが中澤と言うことで、試合前から

少々不安だった。

去年は私の記憶だと、中澤に好投されて負けた試合があった

ように記憶をしている。

しかも左腕だし。

しかし、結果は驚くほどにあっけなかった。

1回に栗原のタイムリーを含む、5点が転がり込んで幸先のいい

スタートになったし、1回裏をピシャリと抑えた今村。

これは期待できるバイ、(福岡帰りなもんでつい出ちゃいました)そう

思った矢先の2回、鬼門の畠山に四球。

そして失点。

すかさず味方が3回表に2点を追加するも、3回裏にはまたしても畠山に

2点タイムリーを浴び、その後も四球、タイムリー、二度のワイルドピッチと

結果だけを見ると自滅の投球。

6点差が一気に1点差まで詰め寄られる。

これには野村謙二郎でなくても辛抱堪らんですわ。

岩見に代えて結果的には成功。

その後は、版で押したように勝っていても負けていても青木高、勝負どころでは

球威の落ちた上野、シュルツの凸凹コンビの投入と負の方程式のオンパレード。

キッシーを回の頭から挟むとか手はあるのにね。

まあ勝てば官軍と言うところか。

明るい話題を無理に探すと、栗原の今季初猛打賞と、ガンちゃんのやっと出ました

今季初ホームランくらいでしょうか?

今日あたりは地方球場に強い栗原の初アーチが見れるか?

こうご期待と行きましょうか?
posted by 和をん at 07:52| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

デッカイ男

打劇王でのサイン会で栗原健太は

デッカイ男だと思った。


そんなの誰が見たってわかる。

それはそうだけど、ファンへのサインも写真撮影にも嫌な顔ひとつ

せずに常に笑顔。

司会者が、バッティングセンターの経験について問うと、小学生の

頃から通っていたとの答え。

当時は当たり前だが、親からのお金でプレイしていたわけで。

更に、司会者が「その恩返しはもう済みましたね」と聞くと、栗原選手曰く

「まだ返していません」との答え

なんて心根の優しい選手だろうか。

器のデッカイ男はやはり違いますね。

心技体揃ってこそ一流選手だと思います。

その優しさを試合では強さに代えて頑張って

欲しいです。来期も期待していますよ!
ラベル:栗原健太
posted by 和をん at 22:11| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

ケガと如何に向かい合うか?

ロッテ大嶺投手から受けた死球による骨折から復帰した栗原選手が苦しんでいる。

4番と言う重圧以外に、腰のケガとの闘いもあるだろう。

しかし、考えて欲しい、ケガなしに万全の状態で試合に出続けているプロ野球選手が

何人いるだろうか?

あのミスター赤ヘル、山本浩二もギックリ腰に近い状態で試合に出場し、腰に負担を

かけない打撃フォームを身に付けたという。

巨人の安打製造機、篠塚和典も腰痛と闘う中、絶妙な流し打ちをマスターした。

ケガと如何に付き合い、如何にカバーするか、それがカープの4番として栗原に

課せられた課題かもしれない。

resize4405.jpg
posted by 和をん at 22:59| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

神様はきっといる!

いや〜私の予想を見事に裏切ってくれました。栗原選手はやはり並の選手じゃない!

5打数2安打1ホームラン2打点は復帰戦としては上出来でしょう。

不安を断ち切る勇気、それは彼がこの2ヶ月間自分を信じて、チームのためにファンの

ために汗を流した賜物でしょう。

神様は、野球の神様はきっといますよね。

勝利が決まった瞬間、前田智徳選手がが栗原選手の頭を帽子の上から撫でた。

ケガの苦しさ、試合に出れない苦しさを知っているものにしかわからないことだろう。

その前田選手の肩を野村監督が優しく揉む。これまたケガで苦しんだ現役時代を思い

出したのだろう。この調子で明日も勝ちに行きましょう!

4番と言う核が出来た今、カープは滝登りをするチャンスです!

resize4256.jpg

resize4257.jpg
posted by 和をん at 17:19| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安を気合で一掃出来るか?

今日は由宇練習場に中日対広島のウエスタンリーグ公式戦を観戦に行った。

予想通り、平日だと言うのに栗原見たさのファンが押し寄せていた。

特に女子と子供が多かった。

しかし、子を持つ親としていつも思うのだが、親御さんは子供にもう少しいい教育を

していただけないものだろうか?親御さんが居て、子供に選手の名前を呼び捨てにさせる

のは如何なものだろうか?その子供たちは家でも親の名前を呼び捨てにでもしている

のだろうか?まあ、子供にカードやボールを持たせて『○○(選手の名前、もちろん

呼び捨て)じゃ行け〜、絶対貰って来い』なんて言う親じゃ子供が可哀相。

さて、そんな話は置いておいてもっと不安なのが栗原選手の状態。

もちろん、バッティング。

はっきり言って調整不足の感が拭えません。

今日の相手チーム中日の先発は長峰投手。

長身から重い球を投げ、球速もそこそこあるが、何分コントロールが悪い投手だと思う。

言い方は悪いが1軍半以下の投手だ。

その投手の球を、捉えきれない栗原選手は本調子とは言えない。

1軍で悩まないといいのだが・・・。

気合で何とかなるほど上は甘くは無い。

以前よりよく言われている言葉だが、1軍の投手の球は失投を見逃すとその打席では

2度と失投は来ない。つまり1球で仕留めなくてはならないのだ。

今日の試合だけで見ると、栗原選手のミスショットばかりが目立ってしまった。

resize4235.jpg

resize4234.jpg
posted by 和をん at 00:27| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

懲りもせずラブソングU

堕ちるのが鯉(恋)ってやつさ

傷つく分だけブルースを知る・・・なんてね。

記事タイトルは別段意味はないけど。

ついCDを聴きたくなって取り出したのが

佐々木幸男だったりしたもので、ハイ。

18日は、マツダスタジアムでのナイター観戦前に

大野練習場へ。もちろん立ち入り禁止。

しかし、私たちが着いた11時半には門外にファン

多数、違法駐車、はみ出し駐車少々。

これじゃあ聖地、大野は完全閉鎖の危機さえ感じますね。

しかも、カープファンの間では知られた名物(俗物?)オヤジ。

この日も、人を掻き分け、選手を掻き分け、だみ声でみたいな。

ファンの品格って大事にせねば、人の振り見て我が振りなおせか。

今回は、栗原大ファンの妻のために企画した大野立ち寄り。

陰もなく、風もなく、あるのは眩しく強い夏の太陽だけ。

妻は青菜に塩状態、子供みたいに帰ろうと言う始末。

おいおい、健太、健太ってさっきまで言っていた元気はどうした?

昼飯も食べずに(当然)待つこと、3時間。

車に乗り込む栗原選手を一同発見、声をかけるも会釈をした

彼は車に乗り込み門外へ・・・出る前に門の手前で車を止めて

ファンの群れの前に。

人を押しのけ、割り込み、我妻に鋭い視線で睨まれた件の

名物(俗物?)オヤジはやはりと言うべきか、

『栗原さん、僕5枚、5枚あるから』とのたまった。

まあ、夫婦で2個ずつ計4個+αの我が夫婦も50歩、

100歩だが、5枚2セットは(2回並ぶ)は無いだろうと

思いつつ、逆に嫌な顔ひとつせず汗をかきながら炎天下の中

サインや写真撮影に応じる、栗原選手、ケガの早期完治と

後半戦の巻き返しを祈り、応援しています!

resize4174.jpg

妻は念願のツーショット撮影をしてもらいました。

resize4175.jpg

ファンにサインする栗原選手、真面目で真摯な人柄が伺われます。
posted by 和をん at 04:45| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ラ・シ・サ

ラ・シ・サって何でしょうか?

自分らしさってよくいいますよね。

栗原選手を見ていると『自分らしさ』って大切だなぁ〜って

思います。

栗原選手って作為がないんですよ。そのまんま。

ある意味”天然”と言ってもいいかもしれません。

いい意味での”天然”なんですが。

遠藤京子と言う歌手がいるんですが80年代の歌手で

あまりヒット曲に恵まれていないのでご存知な方は少ないかと

思いますが、彼女のファーストアルバムに『アリス』と言う

曲がありましてこの曲私、大好きなんですが、歌詞の中に

”何故そんなに綺麗かあなたは知らなくていい”とあり

そのアンサーとして”気が付かないからそれ程までに美しい”と

締めくくっています。

何がいいたいかと言うと、栗原選手も同じだと思うんですよ。

無意識の笑顔、強さ、優しさが彼を形成しているんじゃないかと。

1軍で活躍し始めても自分には分相応と、軽自動車で将来の奥さん、

聖良さんとデートした話とか、高校時代は、何故そんなに練習する

のかと尋ねた弟さんに、今日と言う日は二度と来ない、だから悔いの

残らないように練習するんだと答えた話とか、とても10代後半や

20代前半の青年が、しかも、将来を嘱望された野球選手が感じ取れる

感性ではないと思います。

彼は間違いなく『自分』と言うものを持っていて、それがぶれる事が

ないんです。だから、WBC落選後も居残りしてバットを振った。

それに応えて、指揮官はケガで途中交代した村田選手に代えて、迷うこと

なく、栗原選手を召集したのだと思います。

雑誌の対談で本人の言葉として、チャンスで凡打しても、調子が悪くても

ファンからあまり野次がなくて、逆に励ましの言葉をもらえる。

新井さん(現:阪神)の時は、本当に酷い野次がありましたけど・・・。

と言うのがありました。

これこそ正に彼の天然たる所以、気が付かないからいいんですよ。

新井選手もファンサービスは素晴しかったと聞きます、ではその違いは何?

一言で言えば『迷いが無い』からでしょうか?

精一杯、一生懸命やっているのはどの選手も一緒なんですよ。

ただ、その努力のベクトルがどちらに向いているか、それがはっきり

しているのが栗原健太と言う選手なのだと思います。

天然だからと言ってけっしてKY(空気読めない)ではないんです。

周りにも気を使っているんです。

昨日も、自分はケガでフリーバッティングは出来ないんですが、

同じ右打者の山本翔選手の練習を見て、自らのフォームで示しながら

アドバイスをしていました。

それは傲慢でも、高圧的でもなくそれでいて真摯にアドバイスして

いました。この辺りが栗原の栗原たる所以なんでしょう。

オールスターはもちろん、早期復帰を切に願います。

resize4103.jpg
posted by 和をん at 15:38| 広島 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗原選手の近況

あらかじめ断っておきます、以下の文章は私の独断と偏見と言うか

思ったまま、感じたままであり推測の部分はあくまで推測です。

昨日見た栗原選手ですがケガの直り具合は50〜60%くらいかな?

と思いました。

右手は使えてはいますが、フルに使うには不安が残っているようです。

トレーナーや医師から指示も出ていることでしょう。

送球は自粛していました。

サインを戴く時本人にファンの方がケガの具合を尋ねていたのですが

『まだ完全じゃありませんがよくなっています』とのことでした。

復帰に向けては前進しているようです。

守備練習もしていて、『投げる』以外は無難にこなしていました。

後は15日の結果とファーム戦(多分18日、鳴尾浜の阪神戦)での

実戦結果次第で1軍復帰ではないでしょうか?

私の推測では代打かファーストでの復帰になると思います。


resize4096.jpg

resize4097.jpg

resize4098.jpg

resize4099.jpg

resize4100.jpg
posted by 和をん at 04:55| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

スゴイ男

スゴイ男がいたもんだ。

強く、優しく、元気、超ポジティブ。

この笑顔、ある意味癒されます。

やっぱり、カープの4番はカッコいい!

CA3E0079.JPG

CA3E0080.JPG

CA3E0081.JPG
posted by 和をん at 19:57| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健太は健太

カープで健太と言えば今に限ればマエケンが旬かもしれませんが

私にとっては健太と言えば栗原健太ですよ。

今日は、由宇で三軍の練習があるということで、もしかして

健太(栗原)が来るかも?と言うことで4時半起き、6時出発、

8時15分由宇着で、栗原健太を待ち伏せ?しました。

待つこと約1時間、栗原健太がキタ〜!

予感的中、写真4枚、カード多数、ボール多数用意して来た

甲斐があったと言うものですよ。

あとはサインを貰えるか?だけですね〜。

妻+私+息子+α分ってどんだけ貰うのよみたいな〜。

栗原狙いで待つこと約2時間半、目の前に健太が。

声をかけると『後でいいですか〜』と言いながらこちらを

振り返りました、この場合『NO』と言う答えはないようです。

更に待つこと30分、食事を終えて出てきた健太。

ニコニコして『ハイ』と言いながらファンの群に向かってきて

くれました。一同感動ですよ〜。後はサインの枚数。

ファンは約10人、チャンスかな〜?

思い切って『家族4人分、4個お願いしてもいいですか?』と私。

無作法なのも、無理も承知ですが常識知らずと言われるよりも

帰宅後の妻と息子の冷たい視線の方が怖いんですもの。

そんな想いを知ってか知らずか、健太の答えは

『ハイ、ハイ、いいっすよ』ニコニコみたいな感じでした。

やっぱり健太は健太ですよ。

WBCに出てもオールスターに出ても、カープの不動の4番に

なっても、ハートは何もかわらない。

健太には野球と家族と時々ファン(オカンと僕と時々オトンみたいな)

ですね。

マジで嬉しかったです!今日は!

resize4104.jpg

resize4105.jpg

img032.jpg
posted by 和をん at 19:35| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栗原 健太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。