img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2011年06月17日

敵と書いて友と読む

ガンダムのセリフではないですが、今はガイナーズの選手と

なった山中選手を迎えるカープの選手、コーチの対応は傍で見ていても

温かかったです。


小林幹英コーチと笑顔で固い握手を交わす山中選手です。
resize6979.jpgresize6983.jpgresize6984.jpgresize6985.jpg

試合後、先日、復活登板を遂げた河内投手と笑顔で話していました。
resize6996.jpg

試合後、直立不動で沢崎コーチに挨拶する山中投手、向かって左側のガイナーズの

選手は、PL学園⇒青山学院大学に進んだ富田投手です。

沢崎投手やボボの後輩ですね。
resize6997.jpg

トレーナーの綾田さんにも挨拶をしていました。

カープ時代にはお世話になった兄貴分ですよね。
resize6998.jpg

背番号122を引き継いだ中村憲投手と最後に挨拶を交わしてグランドを

後にしました。

resize6999.jpg
posted by 和をん at 22:10| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイナーズの山中達也

resize7022.jpgresize7021.jpgresize7020.jpg

広島東洋カープ背番号122の山中達也は、赤いユニフォームから

緑色のユニフォームに変わり、背番号もエースナンバー18に。

この番号は奇しくもカープに同期で入ったマエケンが背負っている

エースナンバー。

それだけガイナーズが彼に期待している証拠だろう。

是非、その期待に応えてNPB復帰を目指して欲しい。

頑張れ!山中達也!

resize6994.jpgresize6993.jpgresize6992.jpg

resize6989.jpgresize6990.jpgresize6991.jpg
posted by 和をん at 21:42| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

あのピッチングが帰って来た!

カープの背番号122と言えば今は中村憲投手ですが、昨年までは

山中達也投手が背負っていました。

以下は広島在籍時の雄姿です。

resize3976.jpg

resize4299.jpg

その山中投手が、6月14日、由宇練習場に新しいユニフォームに袖を通して

帰ってきました。

もちろん、凱旋登板を果たし、2回1/3を1安打、1四球、無失点の

成績でした。

1アウトランナー3塁で迎えたアツとの同級生対決は、惜しくも四球と

なりましたが、成長の跡は垣間見れたと思います。

もう一度、NPBのマウンドに立つために実績を積み重ねて欲しいですね。

山中投球1.jpg

山中投球2.jpg
posted by 和をん at 14:03| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

背番号18を背負う男



昨期、カープを去ることになった山中達也が地元香川オリーブ

ガイナーズに入団した。

香川と言えば、監督はトラさんこと西田真二さん、投手コーチは

天野浩一さんです。

カープOBが二人もいることは心強いし、新たに背負う背番号は

エースNo.18。

カープファンにとってNo.18と言えば今はマエケン。

奇しくも同期の山中達也が同じ背番号を背負ったのは運命さえ

感じる。

頑張れ、山中達也、君の挑戦は今始まったばかり。

NPBにまた海を渡って帰って来てくれ。

その時は、もう赤いユニフォームを着ることはないかも知れないが

それでもいい、また君のあの美しいフォームと汗を見たいから。

その時は言わせて欲しい「おかえり」と。
posted by 和をん at 14:55| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

今、旅立ちの時…

振り向かないで歩いてゆける

そんな 力を与えて欲しい


君は前を向いて行くだけだね。

輝いた瞳のままで、真っ直ぐに。

今、旅立ちの時。

ご周知の通り、山中達也投手が

香川オリーブガイナーズに入団する

ことが決まりました!


香川オリーブガイナーズには広島東洋カープのOBが2名いらっしゃいます。

西田監督と、天野投手コーチ。

奇しくも、3月の香川オリーブガイナーズとの交流戦の先発マウンドに

立ったのは山中投手でした。

あの時の完璧なピッチングが決め手だったのでしょう。

NPBを離れますが、また戻ってきてください。

今度は、今度こそは支配下登録でドラフト入団して下さい!

頑張れ!我らが達ちゃん!君を忘れない!

resize5479.jpg

resize5480.jpg

resize5481.jpg

resize5482.jpg
posted by 和をん at 17:04| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

トライアウト〜山中達也

トライアウトで4人を1安打に抑えたようです。

10日の西武ドームで行われたNPBのトライアウトで1番手で登板した

山中達也投手は、元ロッテの堀幸一選手にライト戦に

安打を打たれたものの、元ソフトバンクの荒川捕手を投手ゴロ、元楽天の川口を左飛、

元横浜の下窪をセカンドゴロ併殺(ランナー堀)といい結果を残しました。

来期から(?)編成部に異動になったヤクルトの山部太コーチのブログ、

Swallows "Young and Old" Diary

http://ameblo.jp/swallows-bijyogi/entry-10702985835.html

には、『今日は左投手と右打者を重点的に見てました。

広島の山中投手は良かったけど、もう少しスピードがほしかったね』と

一応の評価はもらっています。

あとはオファーを待つだけですね。

ちなみに、結果は投手ゴロで送球でも悪送球をしましたが、元ソフトバンクの

荒川捕手は西武入りが決まったそうです。

トライアウトもある意味、出来レースなのかなぁ。

YOUTUBE画像を載せときます。



ラベル:山中達也
posted by 和をん at 10:54| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

痛いmy heart

resize5361.jpg

古い記憶 つめこんだアルバム

手のひらで雨に濡れて

痛い痛い痛いmyheart

今日、実に34時間ぶりに帰った自宅、先日注文したCDが

届いていた。


高校生の頃に聞いていた曲でやたら懐かしくなってネットで注文した。

こんなタイミングで届くなんて…。

昨日は、本当は定時勤務(7時間勤務)だったのだが、同僚がダウンしたため急遽、宿直勤務

(25時間束縛)となってしまった。

今日、10月29日は是非とも午前中に大野練習場まで行く予定だった。

本来なら、公休であったため楽勝のスケジュールが暗転、午前9時に仕事を終え、眠い目を

擦りながら、高速を使って一路大野へ。

午前11時30分くらいに到着。

待つこと10分、大野練習場前の横断歩道を懐かしい顔が歩いてくる。

いつものユニフォーム姿ではなく、今日は私服姿だった。

想いが込み上げる、思った以上に遠回りして表に出ない言葉たち。

『トライアウト頑張って下さい、これからも応援します

由宇の仲間たちも応援しています』


その程度しか言えなかったが、

『ハイ』としっかりと答えてくれた。

そのまま、大野寮の中に消えていく山中達也選手の後姿は

昨年より一回り大きく見えた。

程なくして、食事のためだろうか、山内敬太選手を伴って車で出かけて行った。

練習場の階段の踊り場から、中田廉選手が笑顔で大きく手を振っていた。

二人に声をかけて写真を撮らせてもらおうとも考えたが、すぐにその考えを打ち消した。

彼らにとってそれに何の意味があるだろうか?

しかも、練習場内には選手やコーチ、門の周りにはファンが数名いる。

私のわがままで、二人をさらし者にするわけにはいかない。

声をかけたい気持ちも抑えて、二人を目で追うしか出来なかった。

それでも、今日の二人を残したくて隠し撮りした一枚、信号待ちの二人。

後ろ向きの山内選手と横向きの山中選手、二人がカープのユニフォームで

私達の前に現れることはもうないのだろう。

寂しい、ただ寂しい、そんな私の胸に響く。

痛い 痛い 痛い my heart

痛い 痛い 痛い my heart

まるでリフレインのように…


posted by 和をん at 22:21| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

こんなところにも夢の跡が…

今日は、朝帰り(宿直とも言う)で疲れた体のまま、午後から妻の運転で広島へ。

娘が連休を利用して帰るというので迎えに行きました。

雨の中、行きは大野練習場に立ち寄り、誰も居ない練習場の夢の跡と、ポツンと

佇んでいるカープバスをぼんやり見つめました。

ただそれだけですが。

帰りは娘と3人で大野練習場近くのつけ麺店へ夕食を食べるために入りました。

店内に掲げられたサイン色紙には天谷、安部、鈴木将光、齋藤に混じって、

背番号122、山中達也選手の色紙が

こんなところにも夢の跡が。

山中達也がカープの選手であったことの証が残っていた。

嬉しさ半分、悲しみはその倍、何か計算が合わんけど、そんな感じ。
posted by 和をん at 00:23| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

帆を上げて進むもの〜山中達也2009

2009年の山中達也は一冬を越えて進化した。

目に見えて腰周り、腿周りが一回り以上太くなっていた。

この年、ウエスタン初勝利を上げた2007年以来の勝利は飾れなかったが、

2008年の防御率9.60を大幅に改善し、0勝1敗の成績ながら2.18と

努力と成長の跡が伺えた。

この年の被本塁打は3本。

全て同一試合で打たれている。

豊平どんぐりスタジアムで行われた8月23日のソフトバンク戦。

2回を投げて、荒金、李、トゥサントの3人にホームランを浴びて3失点。

全てソロではあったが完璧に運ばれたものであった。

回転のいいボールは諸刃の剣で芯で捉えられればその分、飛びやすいのである。

確かに豊平は高地ではあるが、それを差し引いても球質の軽さを露呈した試合であった。

このシーズン、四球は14、投球回数20.2であるから0.7個/回の割合であり、

制球には苦労していたように感じる。

しかし、着実に成長しているのは目に見えて感じられたシーズンだった。

以下は2009.06.20対中日戦@由宇練習場での画像です。

DSCF0084.JPG

DSCF0085.JPG

DSCF0087.JPG

以下は2009.8.23対ソフトバンク戦、@豊平どんぐりスタジアム

DSCF4163.JPG

DSCF4097.JPG

DSCF4098.JPG
posted by 和をん at 21:54| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいつは誰だ?〜妄想、夢想の彼方に真実がある!

エピソード1

2010年某月某日、ヤッホードームでNPBのトライアウトが行われていた。

スタンドには何故か?前楽〇監督の野〇克也氏がいた。

カープからも川〇編成部長他3名が選手獲得のために訪れていた。

打席には、中〇紀、投手は赤いユニフォームに身を固めた左腕。

resize4876.jpg

初球は外角低めにスライダーが決まり1ストライク。

第2球目は内角高めの釣り球だが明らかなボール。

第3球目、コントロールミスかカーブが甘く入りレフト方向に向けて

大きな打球が放物線を描いて〜だが、これがポールを境に左にわずかに切れて

ファウルとなる。

マウンド上で大きく息を吐く投手、これが試合ならキャッチャーが

マウンドに駆け寄り一息入れる所だがトライアウトなら自分で調整する

しかない。

もう一度大きな息を吐いて投球動作に入る。

第4球目、内角低めの球を強引に打ちに行く元ホームラン王、確実に

アジャストされた球道からスッとボールが沈んだ。

最後の球はシンカーうまいところに落ちてくれた。

その瞬間、スタンドから低くくぐもった声でボヤキが聞こえた。

『本当にアホやな〜、こんな選手をクビにする球団がどこにあるんじゃぁ

あのシンカー、わしがヤクル〇時代に見た高〇のシンカーみたいじゃった。

あの紀の打ち気をそらすマウンド度胸、これは二重丸だなぁ』

『なぁ、そう思わんかカープの方々よぉ』

=一同沈黙=

『まさか、お前ンとこじゃないよなぁ、あのピッチャー手放したのは』

=一同、下を向き沈黙=

『お〜っ、今度はあのミートのうまい坪〇がボテボテのセカンドゴロか〜

やるな〜、こりゃあうちで取るかな〜』

『うちって、どこかで監督やるんですか?野〇さん?』

『川〇〜まぁ今度新潟に来いや〜、お礼にうまいもんでもご馳走するでな〜

しかし、お宅も何やな〜磨きもせんでダイヤモンドすてるんやからなぁ

勿体のぅて罰があたるで〜』

=一同、おもむろに席を立つ=




エピソード2

2011年某月某日、セリーグ新球団の新潟リクシル・バンディッツは本拠地

ハー〇・オフ・エコ・スタジアムに同率3位のカープを迎えての3連戦、

初戦をメジャー帰りの黒〇で落としたカープは最早、背水の陣であった。

思えば、今シーズン、メジャーから帰って来た黒〇、新人の大〇の先発陣が

新たに加わり、中継ぎに左腕の2枚看板、〇島、川〇を配し、先行逃げ切りで

勝利を積み上げてきたが、夏場を乗り切った直後に、〇島が疲労による体調不良で

登録を抹消、川〇も疲れが見え始め、リードが守れないことが増えてきた。

先発の相〇をスクランブル登板させてはいるが、もう一枚左腕が足りない。

相手の、バンディッツは豊富な資金力により、2010年末から大幅な戦力補強に

成功、しかし、ここに来て中継ぎ陣がカープ同様に駒不足の状況であった。

老獪な指揮官、野〇監督はそれでも試合前に、緒〇代理監督に不敵な笑みを

浮かべてこう言った。

『うちにはまだ秘密兵器がある、あっと驚くな、いや驚くなと言っても無理か〜

絶対に驚くわな〜、バッカじゃなかろかルンバ〜♪』

試合が始まり、もつれた試合は両チームとも決定力を欠き、8回を終わって

1-1のタイスコア、しかし、9回の表カープが意地を見せて2アウト満塁の

チャンスに、打席には3番、岩〇選手が入った。

ここで、バンディッツは寺〇に代えて、ピッチャーTATU。

今日、1軍登録されたばかりの左腕である。

シンカーとカーブで簡単に泳がされたスイングは空を切った。

続いて2球ボールの後、ど真ん中のストレート、これは明らかに失投だ。

いただき〜とばかりに若きスラッガー岩〇のバットが容赦なく襲い掛かる。

その刹那、ど真ん中のストレートが視界から消えた。

文字通り、ストーンと落ちるフォークで空振り三振。

『あいつは誰だ?』つぶやいた緒〇代理監督に、今年から1軍投手コーチに

返り咲いた小〇コーチが言った

『山〇達也ですよ、去年までうちの育成選手だった』

『逃がした鯉(さかな)は大きかったですね』



以上はフィクションであり実在する酷似した団体、個人とは全く無関係です。
ラベル:山中達也
posted by 和をん at 14:56| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢の途中〜山中達也2008

私が山中達也に初めて会ったのは2007年のオフでした。

2007年に出会った由宇で若鯉を応援していらっしゃる方々が彼について

魅力を語られていまして、私も興味を持ちました。

オフシーズンの大野練習場にてサインを貰ったのですが当時19歳だった

彼の眼光の鋭さが印象に残っています。

そして、翌2008年、彼のマウンドを数回見ました。

正直、プロ野球選手として球威、スピードは平凡なもので、コントロールに

至ってはボールが先行する苦しい投球が目立ちました。

技巧派左腕の彼は球のキレ、緩急、コントロールの3点が求められ、その

どれもが発展途上にあると感じていましたし、結果もそれに即したもので

あったと記憶しています。

でも、彼は向かっていく根性、折れない強い心、努力を怠らない性格など

プロとしての自覚は充分で、逆に他の年上の選手の方が幼く見えたのが

印象的でした。

画像は2008年8月13日の対ソフトバンク戦(ウエスタンリーグ公式戦)、

旧広島市民球場での試合のものです。

DSCF7204.JPG

DSCF7197.JPG

DSCF7359.JPG

DSCF7383.JPG

DSCF7397.JPG
posted by 和をん at 11:18| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

支配下選手登録

そろそろドラフトの話題も出ていますが、カープの場合、採ってから如何に

育てるかが最近は???です。

特に育成選手、中谷選手、ソリ、カリダの3人以外は支配下登録となっていません。

少なくとも昨年の山中投手の成績は、支配下にしてもおかしくない内容だった

と思います。今シーズン終了時こそ秋季キャンプの結果次第では支配下登録して

欲しいですね!

resize4284.jpg

resize4285.jpg

resize4286.jpg

resize4299.jpg
posted by 和をん at 19:31| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

熱き左腕に期待!

昨日、由宇の地獄の垂直階段でトレーニングしていたのは広池、中村、松田、

山中の4投手。全員左腕じゃないか〜。

カープは実は左腕王国なんですよ。

篠田、斉藤、高橋、広池、大島、青木高、川口、小島、相澤、伊東、中村、

ベイル、永川光、山中、松田、河内、ソリアーノで17人かぁ。

中でも私の期待の左腕は山中達也選手です。

昨年、一度、戦力外となり再度育成選手として契約しました。

実は再契約前に、横浜から支配下登録での契約の打診があったとか。

それを蹴っての再契約ですから、これは彼の男気でしょうか。

誰が考えても投手陣が弱い横浜で、しかも支配下登録の方がオイシイ話ですよね。


上記の情報は誤りのようです、出所はwikiですが事実ではないようですお詫びして訂正します。

昨年はファームで主に中継ぎながら防御率2点台と好成績を残しています。

期は熟した。熱き左腕、山中達也よ、その左腕で明日のカープを支えてくれ!

0761.JPG

0825.JPG

9193.JPG

resize3976.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
posted by 和をん at 20:05| 広島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

全快で全開

DSCF7199.JPG
DSCF6853.JPG

いくら仲がいいからって

二人揃って別メニューは

ないだろう。

山中投手が肩、中村投手が腰を

故障した模様。

早期完治で全開を求む!

ただくれぐれも焦らないでね!






にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
ラベル:山中達也 中村憲
posted by 和をん at 22:45| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

山中達也の今後

DSCF7357.JPG

DSCF7360.JPG

山中達也の今後は

まず、支配下登録、背番号は122番から100を

引いた22番が空いていますけど・・・。

現実的には、70〜90番台かな。

そして、ファームで自分のポジションを確立

すること、現在は、中継ぎが有力だろう。

球速、コントロール等課題は多いが

左腕だけにチャンスは充分あると感じる。

頑張っている彼に頑張れとは言えない!

応援するから、一緒に頑張ろうとしか。



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
posted by 和をん at 23:18| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中達也の魅力

DSCF7382.JPG

山中達也の魅力

それは負けん気だと思う。

身長、体重を見ても

投手としては恵まれたものではない。

2008年のファームでの成績の

0勝0敗0セーブで、防御率9.60は

褒められたものではない。

しかも、投球回数15回で

四球10は多すぎる。

打たれた18安打中、4本が本塁打。

しかし、奪った三振は17である。

これから分るのは、

山中達也に絶対的なコントロール、

球威は無いと言うこと。

彼は、球のキレで勝負するタイプである。

向かってゆく投球スタイル、

それが実を結ぶ時、この左腕は

いつも真一文字に結んだ口に

笑みを浮かべることだろう。

彼のフォーム、姿勢にカープの

往年のエース左腕、大野豊を

思い浮かべるのは私だけだろうか?


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ

posted by 和をん at 22:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中達也とは

DSCF7248.JPG

山中達也をよくご存知で

ない方のために。

香川県坂出市出身、

丸亀城西高等学校出。

1988年12月23日(20歳)

身長178cm、体重 79kg

左投左打の投手、

2006年 育成選手ドラフト1巡目指名で

広島東洋カープに入団

最速140kmの直球とカーブ、

スライダー、シンカーなど

多彩な変化球を操る技巧派左腕。

背番号121



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ

posted by 和をん at 22:35| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

絶対に!最低でも!支配下登録じゃ!

2008年8月13日広島市民球場にて力投する山中達也投手

DSCF7192.JPG

DSCF7198.JPG

DSCF7211.JPG

我らが”建さん”こと高橋建選手の

メジャー、シカゴ・カブス入りが決まった

ようですね。

松田オーナーが残留に難色を示していた

とのこと。

”黒田投手や新井選手と扱いが違うじゃん”と

カープファンの誰もが思ったでしょうね。

選手枠も余りがあるしと。

実は選手枠、余ってないんです。

現在、日本人の支配下選手

(もちろん育成選手3名は除く)

は私の計算が間違っていなければ62名。

外国人選手は現在、コズとドーマンを加えて5名

62+5=67名

外国人選手はもう1名取るとのことなので

68名となりますよね。

後、2名余裕がある?

ないんです、後が。

背番号122番 山中達也投手には

今年が支配下登録のラストチャンス!

正確には、2009年7月31日が期限。

カープは、他球団と違って

”育成で取って見たけどダメだった”

では、いけないんです。

金の卵は孵化させないと。

ケガをしたのなら諦めも付きますが

育成選手を育てられない球団には

明日はないですよ。

ジャイアンツの山口投手に続け!

山中達也!



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
posted by 和をん at 19:22| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

ファームも阪神戦

DSCF6850.JPGDSCF7383.JPG

今日は昼12時より、由宇練習場で対阪神戦(練習試合)があった。
カープの先発はルーキー中村憲投手。
カープが初回に廣瀬のタイムリーで先制する幸先のよさの中、3回を無失点で抑えた。
続く山中達也も3回を無四球、無失点に抑えた。
しかし、続く1軍から降格して来た2投手が試合をぶち壊した。
四球や不利なカウントからのヒットで相手に加点された。
投手はやはりコントロールに尽きる。
先輩投手と言えども、今日は1、2年目の2投手を見習うべきだと思う。



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ

ラベル:山中達也
posted by 和をん at 20:22| 広島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 山中 達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。