img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年03月20日

This is 赤松

This is 赤松、これぞ赤松ですよ。

初回、初球をツーベースヒットの後、チャーリーの

ライト前ポテチンヒットで二塁から帰還。

IMGP5991_03_20_2013.jpgIMGP5992_03_20_2013.jpgIMGP5993_03_20_2013.jpgIMGP5994_03_20_2013.jpgIMGP5995_03_20_2013.jpgIMGP5996_03_20_2013.jpg

ホームを守る大学ナンバーワン捕手と言われ東海大学のあの

現巨人軍菅野とバッテリーを組んだ家庭教師の伏見トライ選手が

タッチに行って空振りというか全然間に合っていないのが

見て取れます。

伏見寅威選手はアレッ?って表情をしていました。

恐るべき赤松の足ですね。
posted by 和をん at 12:30| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

竜平を下げて赤松を上げるウマシカ

今の成績なら松山竜平をファームに降格するのはいたしかたない。

しかし、何故昇格するのが赤松なのか?

ポップフライを上げる名手にしてボーンヘッドの常連を成績も残して

いないのに何故上げる?

長打力が不足しがちな打線にファームでも安打を打てない選手をどう使おうと言うのか?

結局、8回のボーンヘッドがいい流れを断ち切り、空気を読めない指揮官が

一度失敗したコピーを再度やってのけた。

今村は9回で使う投手ではない、今のところ。

実力が無いわけではないが指揮官は彼にチャンスと言う名の足枷を嵌めていないか?

近代野球においてストッパー、セットアッパーとは動かしがたい聖域なのだ。

そこに迷ったように嵌め込まれた今村と、聖域を土足で踏みにじられたサファテ。

全て指揮官の仕業ではないか。

4番ニックに徹底した攻めをする新人監督、栗山監督に完全に頭で負けていると

言わざるを得ない。

ハチャメチャな采配でもせめて中日の高木監督くらいの熱さが欲しい。

いずれにせよ闘志無き者は去れである。

最後に言っておく。

今日の試合は赤松が悪いのでも、今村やましてはサファテでは無い。

監督の思考回路がおかしかっただけだ!
posted by 和をん at 18:37| 広島 | Comment(4) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

準備OK!

山本芳彦がファームに降格になった時、1軍に上がるのは

赤松だと思っていました。

resize6936.jpg

resize6937.jpg

走・攻・守と3拍子揃った数少ない選手の一人。

ケガがいえたら、1軍のフィールドを所狭しと

暴れまわって欲しいですね。

resize6931.jpg
posted by 和をん at 00:30| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

適所適材と重大なエラー

会社組織でもよく取りざたされるのが『適所適材』

簡単に言えば『総務』がいいか『営業』がいいかみたいなことになるんでしょうが。

野球でも守備位置にしろ、打順にしろあるわけで。

タイトル争いでもしない限りは、栗原1番なんてことはないわけで。

今、何故にセンター天谷、ライト赤松の布陣なのか?

両方のいいところを消していますよね。

外野はどこも一緒なんて、野村監督も思ってはいないと思いますが。

どうでしょうか?

ライトチャーリーでセンター天谷ならわかりますが、センターの守備は
総合的に

見て天谷<赤松だと思いますよ。

しかも、赤松もライトの守備ではチグハグな動きが見えましたし。

確かに投壊状態ですが、守備のエラーや見えないエラーも多いように感じます。

でも、一番のエラーはベンチワークのような気がしていけませんわ。

それが重大なエラーにならないことを祈るばかりです。
posted by 和をん at 06:42| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ちょっと心配

常に笑顔で全力投球みたいなところはいいんですが結果が・・・。

本日の対長崎セインツ戦に1番センターで先発出場した赤松選手。

打つ方は引っ掛けて凡打、盗塁もセーフにこそなりましたがスタートが悪く

試合勘が掴めていない感じでした。

マシン相手の打撃練習でもネットの天井に当る当りが多かったです。

シート打撃でもヒット性の当たりは数えるほどでした。

開幕まで更なる調整が必要かもしれませんね。

resize3977.jpg

resize3979.jpg

resize3980.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
posted by 和をん at 20:17| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

躍進〜赤松真人・背番号38

DSCF8375.JPG

DSCF8364.JPG

昨年の活躍を誰が予想しただろうか?

前年までの1軍成績は

通算で試合数36、打率1割台、

盗塁は11個、8安打。

昨年は、盗塁12、打率.257、

安打は88安打で11倍ですよ。

でも、三振が多いよな〜。

特に後半戦は多かったと記憶

しています。

確実性のある打撃で活躍して

欲しいですよね。

打率.280以上、盗塁30個以上は

最低のノルマでしょう!


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
ラベル:赤松真人
posted by 和をん at 19:13| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

大当たり!

あかまつ0.JPG

3−2でカープ勝利!ルイス8勝目
完封勝利かと思われたが、そんなに間単には行きませんね。
怪我人が多いのに日本ハムは強いです。
各自が自分の役割を良くわかっていて、何をすればいいか常に考えてプレーしている。
優勝を経験したチームの強みだろう。
何はともあれ、対日本ハム戦の連敗は5で止まった。
昨年は、セギノールにホームランを打たれてベンチでうなだれる梅津投手がテレビで映し出された。
あれから1年、やっと勝った。
今日はブラウン采配と言うか、ブラウンが選んだ精鋭達が活躍した。
森笠のヒット、石原ツーベースの後、赤松のヒットで2点先制、栗原健太のラッキーなタイムリー内野安打で追加点、そしてこれが決勝点になった。
しかし、今日のヒーローはやはり赤松選手だ。
抜けると思った左中間の当たりをシングルで止めるなど守備でも貢献してくれた。
試合に出たら一生懸命やるだけ、それは阪神時代も同じことだったが今年は結果を残し、その出場機会も増えている。
市民球場でもたのんだぞ!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ

ラベル:赤松真人
posted by 和をん at 21:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

やってくれました!

akamatu.jpg
今日も1本行っとく〜!ってな訳ではないでしょうが。
やってくれましたね。
効果的な1本。初回はチームのみんなから3試合連続狙ってみたら?
狙えよ!って言われたらしいけど。
初回はチャンスメイクの2塁打。
天谷選手四球の後、オチョア併殺打も4番栗原健太のタイムリーを呼び込んだ。
セカンドゴロの後の第3打席、値千金の3ランホームラン。
外野フライでも1点と思って振ったとか。
第4打席目はヒットであと、スリーベースが出ればサイクルヒットと言うところだったが次の打席はデットボール。
でも、自身初の猛打賞、盗塁も1個決めて好投したルイスの完封勝利のアシストをした。
明後日からの試合も頼みましたよ。
赤松ブログはここです。
http://www.aka-matsu.net/blog/
ラベル:赤松真人
posted by 和をん at 22:20| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

野村謙二郎以来の

DSCF1597.JPG
トップバッターの2試合連続ホームランは野村謙二郎さん以来らしいです。
非力だとかバッティングが課題だと言われた赤松選手がそれに反論するかのように結果を残していますね。
ただ時々ポカをするのは阪神時代から改善されていないように思われます。今日もアレックスのセカンドゴロの時、中途半端な走塁でタッチアウト。その後、栗原選手にレフト前ヒットが出ただけに惜しい結果だったと言える。打線のつながりが悪い今だからこそ、チャンスは確実にモノにしないとスコアボードには0が並ぶ結果となる。
阪神にいたらチャンスには恵まれなかったかもしれない。
チャンスを得た今、結果を残し、チームから信頼を得る選手にならないと一度開きかけたレギュラーへの道は再び閉ざされてしまう。
誰もがそれを望まない。
1番センター赤松を見たいのだ。
フィールドを我が物顔で駆け回る赤松を。

ラベル:赤松真人
posted by 和をん at 21:50| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤松 真人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。