img005.jpg
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

2013年10月04日

さらば、赤ゴジラ

IMGP9999_10_03_2013.JPG

55番をつけて開幕から恐怖の2番打者を演じた嶋選手。

その年はそれまでの下積み生活を解き放つかのような活躍で

最後は首位打者までとって一躍カープの人気選手に。

前田智徳の2000本安打達成の日は、逆転ホームランを打ったり

兎に角ファンに愛された選手でした。

温厚な人柄でファンサービスも素敵でした。

そんな嶋選手も引退だなんて何だか寂しい気持ちでいっぱいです。

IMGP0001_10_03_2013.JPG

IMGP7466_10_03_2013.JPG
posted by 和をん at 00:39| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

内田さんはやっぱり凄いや

_IGP1321_05_31_2013.JPG

内田監督はやっぱり凄いや。

ザ・マンだね、男ですよ。

昭和の男はこうでないとね。

5/29にサヨナラヒットを放った申選手を

翌日、スタメンで使う。

そして、その申選手が起用に応えて

3打数2安打2打点ですよ。

前日の『勝手に勝利監督インタビュー』では

『今日はね、申くんが頑張ってくれた、申くんが』って

彼を真っ先に褒めた。

これですよ、この心意気。

内田順三に男を見ました。
posted by 和をん at 08:28| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

北別府語録

・講演会にて

野球をうまくなるためには早く始めないこと。
小学校3年生なんて聞くとどうかなと思う。
私は中学校に入ってから始めたが、最初はサードだったけど肘を痛めた。
成長期に無理をするとケガに繋がる、良くない。
(会場の質問、「指導者としてどう子供たちに教えればうまくなるか」に答えて)


高校時代は往復40kmくらいの距離を自転車で通学した。
1年生の時は片道1時間30分くらいかけて通学したがこれが、2年生では
1時間くらいになり、3年生の時は40分くらいで通えた。
これで下半身が強化されて投球にも生きた。
日本人は上半身の力は鍛えてもアメリカ人のようにはならない。
メジャーに行った松坂は日本にいた時は下半身主導で投げていたが、メジャーに
行って上半身で投げるようになって故障した。
大体、メジャーに行った投手はそこで失敗している。
黒田も故障しましたよね、肘かどこかを。
日本人と言うかアジア人は下半身を鍛えてそこからだと思います。
(会場の質問、「学生時代の練習でプロになるために役立ったこと」に答えて)


1月に北海道に野球指導に行っていて電話が掛かってきた。
携帯電話を2台持っていて、片方に出ていたので出れずにいると留守電が入っていて
その内容がよくわからない、折り返し電話を入れても要領を得ずよく聞くと最終的に
殿堂入りが決まったとのことで東京で記者会見に出て欲しいとの依頼だった。
東京に帰って息子の住居に身を寄せて明日は記者会見というときにスーツが無い。
上側だけジャケットにネクタイで出ようと考え、ズボンは起毛の普段着でと、
友人に相談するも友人も「いいんじゃない」との答え。
しかし、思い直して紳士服店に連絡して裾上げが明日までに出来るかと聞くと出来ると
言うので上下のスーツを揃えて当日記者会見場に行くと、スーツ姿の古葉元監督と
山本浩二さんがおられてスーツにして良かったと改めて思った。
(講演中に自身の殿堂入りの報に触れて)


(1991年4月14日の試合で)私の後をリリーフした津田が打たれて試合に
負けて、(津田が)心配になって奥さんに電話を入れても帰ってないっていうから
こりゃあまた池谷さん(投手コーチ)に絞られとると思って電話したら本人が
辞めさせて下さいって言ってもう帰った後だって。
試合が終わって時間もかなり過ぎとるのにですよ。
これはタダごとじゃないって思って。
次の日には広大病院に行って脳腫瘍だってわかったんですが、広大ではどうしようも
出来ないと。
場所が場所だから手術が出来ないっていうことらしいんですよ。
でも、本人にも知らせられんから球団は水頭症ってことで発表したんですが、大人は
水頭症には(ほとんど)ならんらしいんですよ。
マスコミもうすうすおかしいと思っとったみたいですね。
(津田投手の最後の登板について)



・草野球チームとの試合前に

今日は俺のサイン会か?今から試合をするんと違うんか。
ま、いいけど、サイン書くけど。
カードは書きたくないんだけど、今日だけ、今だけ特別やぞ。
(午後の試合前に自軍のチームとスタンド上のファンからサインをせがまれて)


IMGP0051_04_01_2013.jpg

・試合途中に仕事の関係で球場から出てきて

新幹線、こだま、のぞみ、ひかりどれが早いの?値段はどう?
変わらないの?まあいいや駅で調べてみよう。
(タクシーに乗る前のスタッフとの会話)


IMGP9997_04_01_2013.jpg

あ?時間外なんだけど。
まあ書くけど、本当は時間外なんだけど。
(サインを貰おうと近づいたとき)

IMGP0052_04_01_2013.jpg
posted by 和をん at 11:41| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

背番号20という商品

IMGP9665_04_01_2013.jpg

北別府さんが講演で言っていた言葉なんですが、

『背番号20は商品』なんだそうです。

引退時に背番号20を下さいと言ったけど貰えなかったと。

この場合背番号20を貰うと言うことは永久欠番にすること。

打者で活躍した衣笠さんや山本浩二さんは貰えたのにと

少し恨み節。

背番号20が商品だという意味は、ファンに対してではなく

これから入団する選手に対して。

要は難攻不落の相手を落とすのに、『背番号20を用意してます』

言って落とすための商品であり道具なのである。

で、それに当てはまったのが永川勝浩選手と言う訳。

片や精密機械、片やアバウト、行く先はボールに聞いてくれ

これは私が言ったんではないです、北別府さんが言ったんですよ。

一応、預かり番号と言うことで永川投手にあげてもいいかと

球団から打診があったそうですが、もちろん断るわけにはいかず、

二つ返事でOKしたら、あのコントロール。

北別府さんもまさかあんなに酷いとは思わなかったそうです。


posted by 和をん at 15:34| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

北別府学講演会@周南

IMGP9543_03_31_2013.jpg

今日は周南市はキリンビバレッジ周南スポーツセンター

あった北別府学講演会『私の野球人生』を聴いてきました。

前半はWBC関連で、あの場面でダブルスチールは有りだったとの

見解を示しながらもサインがThisballでなかったこと、しかも

サインの伝達が緒方コーチがセカンドベース上の井端選手に歩み寄り

伝えられたことを疑問視されていました。

ただ、結果的には3連覇は難しいとの見解でした。

また、桑田真澄さんの解説でネット上の話題をさらった

ドームランについても言及され、北別府さんが現役の頃も

その影響があり、巨人の外国人投手、ガリクソンが通路で

風の影響を感じ取っていたと話されました。

後半は津田さんの話で、最後のシーズンは春先に

1ヵ月以上も北別府さんに頭痛がすると訴えていたことや

一時回復した時は、呂律が廻らない口で

電話をしてきて驚かされた話、そしてダイエーホークスで

また野球を始めるんだと聞かされたことなど

興味深い話を聞けました。

また、胴上げ投手を津田投手に譲ったあの有名な話は

実は記者に聞かれてそうは言ったものの、当日は

8回を終わってまだ行くつもりでいると、当時の

安仁屋コーチ『お疲れさん』

肩をたたかれて津田投手に交代になったと話されていました。

他にはお嬢さんとご子息の話やブログがアメトークで紹介されて

爆発的にコメントが増えて大変だったことなど内輪話も少し

約1時間の予定が質問も盛況で20分くらいオーバーして

終了しました。

実に有意義な時間を過ごせて満足しています。
posted by 和をん at 20:16| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

見ぃ〜つけたっと

花粉症で利かないはずの私の鼻ですが、

ある部分では中々の嗅覚をしているようです。

また、近眼な上、最近老眼が顕著な勢いで進む両目も

ことカープに関しては中々の働きをしてくれます。

そんなこんなで見ぃ〜つけたっと!

IMGP8430_03_27_2013.jpg

試合の途中から現れたこの方は安仁屋宗八さんじゃあ

あ〜りませんかぁ〜。

お仕事の邪魔にならないようにじっと待ちます。

能見投手のサイン待ちのファンの間を縫う様に

出て来られたところでサインをお願いしました。

後ろ向きで他の人に見られないようにサッサと書いていただきました。

IMGP9223_03_27_2013.jpg
posted by 和をん at 00:36| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

多分、この人のせいかも知れない

IMGP5518_03_21_2013.jpg

私がキャッチャーを好きになったのは

多分、この人のせいかもしれない。

道原裕幸さんは、1975年のカープ初優勝時に

当時、プロ野球にもカープにも疎かった私に

友達がプロ野球カードを見ながら教えてくれた。

『カープは道原がおるから強いんじゃ、道原は

ブロックがうまいし、リードもええ、時々しか

打たんけどいいところで打つんじゃから』と。


なるほど、知的な顔をしているし、たまたま見ていたナイターでは

タイムリーヒットを打っていた。

プロ野球カードの裏側には山口県出身とある。

それだけで何だか親しみを持ちました。

今でも道原さんを見かけると当時の事を思い出します。
posted by 和をん at 20:48| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

冬のドナタ? ぺェ−様にお会いました

冬の日南は天福球場、入り口から出てこられるのはドナタ?

なんて思っていたら、ペェー様じゃあありませんかぁ。

北別府学さん。

IMGP9151_02_09_2013.jpg

もちろんホンモノ。

気さくに話しながらサイン&写真撮影に応じてくれました。

IMGP0480_02_09_2013.jpg

IMGP0481_02_09_2013.jpg

2/7、2/8とも取材に来られていました。

ご本人様のブログによると今日も取材されたようです。

200勝投手で殿堂入りされた大選手が目の前で見れて幸せでした。
posted by 和をん at 22:05| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

1番、田中浩康・2番、青木宣親・3番、鳥谷敬、4番は誰だ?

1番、田中浩康・2番、青木宣親・3番、鳥谷敬、とくれば

オールスターのセ・リーグの打順?って思うかもしれませんが

実はこの打順は早稲田大学の2005年の打順なんです。

この時の4番は、現:カープ球団広報の比嘉さんでした。

4番比嘉の後にも5番武内(現:ヤクルト)、6番由田(オリックス)と

そうそうたるメンバー。

投手にも現:巨人の越智がいたりと凄いメンバーでしたがその強豪チームの

4番が比嘉さんだったんですよ。

その後カープに入団して、初打席ホームランは離れ業でした。

そんな比嘉広報の選手時代の写真にサインを戴きました。

『懐かしい〜』と一言いっていただけました。

Image01_1.jpg
posted by 和をん at 19:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

慶彦をコーチに!

実は先日届いた「アスリートマガジン」の表紙と巻頭を飾ったのが

あの高橋慶彦氏でして。

私が見ていた頃の慶彦さんは衣笠、山本浩二、水谷のジッちゃんの前で

チョコマカ走っているヤツって感じでしたが

今やなんか哀川翔長淵剛みたいな貫録で

存在感が半端じゃないですね。

今、フリーなんですよね、ロッテを退団して。

チャンスですよねカープのコーチになってもらう。

日南春季キャンプの臨時コーチにでも要請出来ないんかな?

コーチのコーチとして。

コーチとはこうあるべきとか、こんなコーチングが選手を伸ばすとか

そのあたりのコーチも含めてコーチ教育をして欲しいと思うのは私だけでしょうか?

あっ、そう言えば今日はファン感でしたね〜。

今年は行きません、例年気候も内容もお寒いので。
posted by 和をん at 14:12| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

男は黙して語らず

IMGP3783.jpg

IMGP3775.jpg

男が見てカッコいいと思う男がいる。

背中に美学を感じる男。

雄弁は銀、沈黙は金の諺どおり

得てして口数の多い男にいい男は居ない。

黙して語らず、男はそれでいい。

金本は終始無言だった。

まるでそこに居ることが場違いのように。

いや、あまりに自然体過ぎたのかもしれない。

試合前のささやかな花束贈呈にも笑顔と会釈、そして手を振って

声援に応えた。

IMGP2531.jpg

IMGP2485.jpg

打席の度に起こる金本コールは何も阪神ファンからだけではない。

かつての応援歌に包まれて敵味方無く球場にこだました。

IMGP2823.jpg

一度もホームゲームで踏むことの無かったマツダスタジアムは

この日だけは金本のホームになったかのようだった。

その中で先発、野村をマウンドから引き摺り下ろすヒットを放ち

4打数2安打。

IMGP2865.jpg

しかし、剛腕、今村の真っ向からのストレートには振り遅れ、

快打は放てなかった。

試合後も、チームの輪の中から静かに手を振り一礼をしてグラウンドを去った。

これが男・金本の広島での最後の試合だった。
posted by 和をん at 10:01| 広島 | Comment(1) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

2番セカンド笘篠

私が住んでいる街のボーリング場に併設されたバッティングセンターの

壁絵はジャイアンツとカープのオーダーが描かれていて、2番はセカンド、

笘篠になっています。

兄に元西武ライオンズの笘篠誠治(現:ソフトバンクホークスコーチ)を

持ち、俊足巧打でならしたあの笘篠賢治です。

当時、応援していたアイドルのひとり、松本典子と結婚したことでも

記憶に残っています。

松本典子からは「とまぴょん」と呼ばれていたそうです。

その息子さんが、東亜学園の笘篠諒太外野手(3年)で、俊足巧打は

親譲りなんだそうです。

青は藍より出でて藍より青しとなるか?

カープはマークしているんでしょうかね。

天谷、赤松コンビの次の俊足外野手としてどうなんでしょうか?
posted by 和をん at 11:29| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

行ってきました!山本浩二講演会

resize1244.jpg

今日は下松のスターピアくだまつで開催された

徳山東ロータリークラブ主催の新世代のためのロータリー会議2012

A Warm Hag Meeting「野球、我が人生」〜ミスター赤ヘルからの

メッセージという講演会に行ってきました。

講師は山本浩二。

私がカープファンになるきっかけは山本浩二でした。

早めに並んだお蔭で、前から4列目のセンターに座れました。

ライバル衣笠祥雄、星野仙一、富田勝の話。

根本さんや古葉さんの話。

もちろん先に殿堂入りされた津田投手の話もありました。

その中で、私が予々、聞きたかったことがご本人の口から聞けて

よかったです。

それは「今まで打ったホームランのうち一番印象に残っているのは?」と

いうもの。

これがまた私の予想通り。

最後に出場された日本シリーズで西武ライオンズの東尾投手から

ライトスタンド最前列に打ち込んだホームラン。

読みのコージの真骨頂にして、集大成。

私も同じ思いでしたし、今回はぴったんこカン・カンでした。
posted by 和をん at 22:04| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

道原寮長の助言ありき

入寮日、新人合同練習初日とサインを求めて並んだ

ファンに対してサインをしてくれたのは2日目に

サインをした土生選手だけだったとか。

1/13に私は、野村、戸田、土生、菊池選手から貰ったのだが、

何故サインを書かなかったのか、そして1/13以降書いてくれたのか?

1/14に新人選手8人からサインを貰った知人が菊池選手から聞いたようだ。

サインを書かなかったのは書いていいものかどうか?戸惑っていたらしい。

多分そこにはプロで実績を残していないと言う謙虚な気持ちと先輩選手への

遠慮があったのだろう。

そんな新人選手の背中を押してくれたのが道原寮長だったようだ。

道原寮長が「サインをしてあげなさい」と言ってくれたようです。

寡黙で真面目な印象の道原さんも、1972年のドラ1。

カープ初優勝時から1980年代前半の強いカープの扇の要を守った選手。

やんちゃな水沼さんに比べて、冷静沈着な司令塔のイメージでした。

数少ない、山口県出身の選手でもありますし、私は好きな選手でした。

@ドラフト1位、野村投手のサインボール

resize1237.jpg

Aドラフト2位、菊池内野手のサインボール

resize1236.jpg

Bドラフト3位、戸田投手のサインボール

resize1235.jpg

Cドラフト4位、土生外野手のサインボール

resize1234.jpg
posted by 和をん at 21:01| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

我が家の本棚から、懐かしのあの人の本が…

resize0814.jpg

我が家の本棚から、偶然見つかった懐かしい本、

「赤い疾風 背番号2」

そうあの高橋慶彦さんの本。

1982年に執筆(?)されたようです。

私が買った覚えがないので多分、貰い物だと思います。

ヨウツベにも『うわさのセクシークイーン』がアップされていて

こちらも懐かしかったです。
posted by 和をん at 21:57| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

BOSSヨロシク!

ファームの監督が発表されましたね。

内田順三新監督ですね。

resize0754.jpg

打撃コーチには森笠さんですね。

resize0764.jpg

内田さんが内部昇格のようになりましたが…。

頑張っていただきたい。

若手の明日のために。
posted by 和をん at 22:48| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

球友再会Forever Young

今日は休みだったので一路由宇へ。

ガンちゃん目当てでしたが、片岡新之助元コーチに

バーディー古沢コーチ、それに左の代打として70年代後半から

80年にかけて活躍された高月敏文さんの姿も見れてプチオールドファン

としては嬉しい限りでした。

もちろん、澤崎コーチ、小林幹英コーチ、森笠コーチの姿も嬉しいです。

画像は内田二軍監督代行と固い握手を交わす片岡新之助元コーチです。

resize0762.jpg

resize0763.jpg

唐突ですが、ここで問題を二つ。

正解しても賞品、賞金はありませんが…。

コメントいただければ嬉しいです。


第1問:カープのコーチ(2011年在籍)の中で、プロ野球選手として
    唯一で、しかも、初というエピソードを持っているコーチは誰?

    ヒント:マンガに関係あります。

第2問:今年ドラフトでカープに指名された選手(育成も含む)の中で

    青木勇人投手からヒットを打ったことがある選手は誰?

    ヒント:もちろん野手です。


以上2問結構マニアックですが、お遊び感覚でいかがでしょうか?

って誰か回答してくれるかな?

まあ回答0でもその内、答えを書きますね。

posted by 和をん at 22:48| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

あと1週間でボジョレーヌーボー解禁!

あと1週間でボジョレーヌーボー解禁だそうですが、

こちらもプレス報道をされたので画像を解禁と行きましょうか?

達川監督の下、ウッチー、ベッチーのウッチーこと河内投手が

復活登板を遂げたのは記憶に新しいことと思いますが、この秋

正式に(?)ベッチーこと苫米地元投手がカープの裏方として

復帰されたようです。

実は、以前からお姿は見かけていましたが正式発表がなかったので

取り上げることを躊躇しておりました。

画像は大野練習場のトレーニング室から出てきた苫米地トレーナーです。

resize0674.jpg

そして、かつての相棒(?)河内投手の雄姿です。

resize0675.jpg

resize0676.jpg
posted by 和をん at 22:31| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

大好きだから…

resize0280.jpg

大好きだから身を引かなくてはならない時もある。

山崎二軍監督が辞任されたのはご周知の通りだ

実は8月半ばくらいの試合で私は今年限りで辞めそうな

嫌な予感が何故かしていた。

冗談半分で後任は誰かな〜居ないな〜なら来年も山崎監督だな

なんて嘘日てはいたが、その不安は消し去れなかった。

そこに今回の辞任である。

ひとつ職場に長く勤めたことの無い浮き草のような私には

彼の35年と言う年月は眩しくもある。

カープ一筋35年と言うのはけっして平坦な道ではなく

楽しいことより、苦しいこと、悔しいことの方が多かっただろう。

特に今年のカープはケガ人と入れ替える形で上に選手を送り出して

いたが為、野手が不足して捕手登録の選手が先発野手の半分を占める

試合もあったほどだ。

3年連続最下位、ウエスタンリーグの不名誉な記録16連敗も

今年に限って言えば仕方がないと思ったが、勝負の世界で生きる

山崎立翔2軍監督には自分が許せなかったのだと思う。

ファームの若鯉の育成と勝ちの両方は中々難しい、他球団のラインナップを

見ると、1軍で活躍していた選手や今正に1軍に飛び立とうとしている選手が

並んでいてそのまま2〜3人を替えれば1軍のオーダーになりそうな試合も

あった。

そんな中で勝つのは本当に至難の業であったと推測する。

「教育の仕方の難しさ、僕なりの苦しさがあった。マンネリ化もあった。その上にあぐらをかいていていいのか、と。チームのためにも環境を変え、血の入れ替えが必要なタイミングと思った」。

この言葉の裏には16連敗中に覇気の無いチームのムードに

悶々とした時期もあっただろう。

どんな仕事においても人を育てることと管理職は難しい。

今はただ、本当にご苦労さんと言いたい。

resize0281.jpg
posted by 和をん at 07:18| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

同類相憐れむ…

resize6278.jpg

resize6279.jpg

試合前、山田コーチが松本スカウトのベルトを心配していました。

余計なお世話だと思うんですが…。
posted by 和をん at 21:32| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カープOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よかったらクリックして下さい! にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。